毎日仕事に着ていくスーツ。身だしなみのためにもシワがない状態をキープしたいですよね。スーツはデリケートそうな印象がありますが、おうちでアイロンをかけられます。

今回はスーツにアイロンがけをするときのコツをご紹介します。

スーツはアイロンがけできる?

スーツをアイロンがけする
スーツのケアはおうちでも十分できます。生地がとてもデリケートなので注意する必要はありますが、アイロンをかければシワなどはスッキリ取り除けますよ。

アイロンをかけるときは次の2つのポイントを守りましょう。

「低温」に設定する

スーツの生地は高温でアイロンがけするとテカリの原因になるので、低温設定にすることを忘れないでください。

「低温でアイロンがけ」して本当にシワが伸ばせるの?と思うかもしれませんが、スーツによく使われているウール素材はそもそもシワがつきにくく伸ばしやすい繊維です。低温でも十分伸ばせるので心配しないでくださいね。

あて布をする

直接アイロンが触れると熱で生地が傷むことがあるので、低温とはいってもあて布をしてください。

あて布をしておくと生地にアイロンが引っかかりにくくなり、スムーズにアイロンを動かせるメリットもあります。薄手のハンカチなどで十分なので必ず用意しましょう。

スーツにアイロンをかけるやり方は?

スーツにアイロンをかけるときのポイントは「力をこめずにやさしく」かけること。デリケートな服なので、次の手順でゆっくりやってみましょう。

ジャケットにアイロンをかける方法

スーツ ジャケット ハンガー 服
ジャケットのアイロンがけは、縫い目のラインに沿ってアイロンがけするのがコツ。まずは袖などの細かなところからはじめるとキレイに仕上がりますよ。

肩や袖にかける

アイロン台に広げて置き、あて布をしながら肩と袖にやさしくかける。

正面をかける

ひっくり返し前身頃をかける。襟の折り目ははじめに裏側からかけて形を整えるとキレイに。

襟のシワを取る

襟の裏側からもアイロンをかける。温かいうちに手で形を整える。

背中にかける

背中は中心の縫い目から外側に向かうようにアイロンを動かす。

吊り干し

熱が取れるまでハンガーにかけて干し、形を安定させて完了。

「折り目は裏側からもかけ、手で整える」とキレイになります。潰すように力をこめるのではなく、サッとすべらせながらアイロンをかけていきましょう。

スラックスにアイロンをかける方法

スラックス
スラックスのアイロンがけは形がシンプルなのでジャケットよりも簡単です。折り目をつけると格好よく見えますよ。

前後に開く

折り目に沿うように前後に開く。両脚を重ねてアイロン台に置く。

引っ張る

手で前後左右に引っ張って軽くシワを伸ばす。

足の内側からかける

低温設定のアイロンで、重なっている内側の部分からかける。

外側をかける

つぎに外側にもアイロンをかける。力をこめずに滑らせて折り目をつける。

反対の脚にもアイロンをかける

折り目がずれていないか注意しながら反対の脚にも同様にアイロンがけする。

腰周りを整える

タックの部分はアイロンの先端を使ってシワを伸ばし、軽く手で整える。

干す

熱が取れるまでハンガーに吊るし、形を安定させたら完了。

スラックスは折り目が大切なので、ずれていないか確認しながらすすめるのがコツ。最初のセットが肝心なので、時間をかけてしっかり整えましょう。

アイロン以外にもスーツのシワを伸ばす方法はある!

実は簡単なシワなら、わざわざアイロンがけをしなくてもキレイに伸ばせます。

蒸気を含ませるだけで繊維がふくらんで、簡単にシワが取れるんですよ。折り目をつけるまではできませんが、普段のケアくらいであれば効果があります。

スチームを含ませる

アイロン スチーム 蒸気
アイロンのスチームをたっぷりかけて干しておくだけで、スーツのシワ取りになります

直接当てないように浮かせながらスチームをかけていきましょう。あとは完全に乾くまで吊り干しすればOK。

このやり方はハンガーに掛けたままでもできるので、アイロン台にセットする手間が省けます。面倒だったアイロンがけがぐっとラクになりますよ。

お風呂に吊り干しする

お風呂の湯気
蒸気がいっぱいある場所といえば、お風呂上がりの浴室。

入浴後のお風呂に1時間ほど干して蒸気をふくませ、部屋干ししておくだけでもシワ取りができます。出張先でもできるので裏ワザとして覚えておくといいですよ。

スプレーして干す

スプレーで掃除 消臭
シワ取りには蒸気が効果的ですが、霧吹きを使って軽く湿らせるだけでも大丈夫。まんべんなく湿らせてからしっかり乾かしましょう。

『ファブリーズ』など衣類の消臭スプレーを霧吹き代わりに使うのもいいですよ。

スーツのアイロンがけに便利なアイテムは?

スーツのアイロンがけをラクにするアイテムも市販されています。毎日スーツを身につけるなら用意しておくと便利ですよ。

『衣類スチーマー』(パナソニック)

ハンガーにかけたまま使える衣類スチーマーです。効率よく蒸気をふくませるので簡単にシワ取りができます。

もちろんアイロンとしても使えるのでしっかり折り目をつけたいときにも便利です。

『お洋服のスタイルガード』(ライオン)


洋服のシワ取りが簡単にできるスプレーです。しっとりするくらいに湿らせて手で形を整え、干しておけば次の日にはキレイにシワが伸びていますよ。

除菌・消臭効果があるので汗を吸ってニオイのあるスーツでもスッキリした着心地になります。

スーツのアイロンがけを省く方法は?

スーツにアイロンがけをするとキレイに仕上がりますが、こまめにやるのはちょっと大変…というママもいると思います。

そこでおすすめしたいのが、普段からスーツにシワを残さないように気をつけることです。ちょっとの心がけで、頻繁にアイロンがけする必要はなくなりますよ。

スーツは数着を着回す

スーツ クローゼット
スーツは数着用意し、毎日ローテーションさせて着るのがおすすめ。

一日着たスーツは数日休ませると、干しているうちに重力で自然とシワが取れてきますよ。

スラックスと分けて干す

スーツ
脱いだジャケットは買ったときのハンガーにスラックスと一緒にかけている人が多いと思います。

たしかに一緒にかけるとコンパクトに収まりますが、このやり方は湿気が取れにくく、シワにも気づきにくくなります。スラックスは専用のハンガーを用意し、分けて吊り干しにしましょう。

スーツにアイロンをかけて毎日かっこよく出かけよう!

スーツ パンツ スラックス
毎日着ていくスーツは、どうしてもシワが寄ってきてくたびれて見えるものです。

面倒だし、デリケートな服なのでアイロンがけをためらいますが、「低温であて布」をしておけば失敗せずにすみます。

ちょっとしたひと手間で、クリーニングに出したかのようにピシッと整いますよ。