ジーンズは分厚くて丈夫な生地が魅力な反面、洗濯するとなかなか乾きにくいため、「洗濯乾燥機で乾かせないものかなぁ…?」と考えたことはないでしょうか。

でも、縮んだり、色落ちしたら大変ですね。そこで今回は、乾燥機を使ってジーンズを乾かすときのコツを説明します。

ジーンズ(ジーパン)などのデニム生地に乾燥機にかけてもいい?

? クエスチョン ひらめき

ジーンズはもともと作業着としても使われていたくらい丈夫なズボンなので乾燥機を使っても問題ありません

ただ一点、熱で生地が縮む可能性があることには注意が必要です。綿100%の一般的なジーンズは乾燥機にかけるだけで1〜2cmほど縮むといわれています。スキニーパンツなどピタッとしたジーンズは乾燥機の使用を避けたほうが安心ですよ。

また、高価なものやお気に入りのジーンズも、生地を傷める可能性があるので、乾燥機は使わないほうが無難です。

ジーンズ(ジーパン)やデニムを乾燥機で早く乾かす方法は?

ドラム式洗濯機を動かす

ジーンズを乾燥機にかけるときは、「裏返す」のがポイント。

裏返すことで、ポケットなど生地と生地が重なる部分にも風が通って、乾燥時間を早められます。また、表面の生地を守りながら乾かせるメリットもありますよ。

洗濯するときから裏返しておくのがおすすめです。

ジーンズ類は裏面の方が汗が染み込んでいるので、裏返すことで洗濯での汚れ落ちがアップします。そのまま乾燥機にもかけられるので一石二鳥ですね。

ジーンズ(ジーパン)やデニムを乾燥で縮ませないためのコツは?

ジーンズ デニム 干し方

ジーンズが縮んでしまうのは乾燥のときの熱風が原因なので、熱に当たる時間を短くするのが縮ませないコツです。

縮ませたくないジーンズは、乾燥時間をふだんの半分ほどにするのがおすすめ。

半乾きの状態で取り出し、形を整えて風通しのいい場所で再度干しましょう。十分に熱が通っているので自然乾燥でもあっという間に乾きます。

これなら短時間で乾くし、傷むのも避けられますね。

ジーンズ(ジーパン)やデニムを乾燥機にかけるときの注意点は?

注意 ポイント コツ

ジーンズなどのデニム生地は丈夫ではありますが、縮みやすかったり色落ちがしやすかったりとトラブルの起こりやすい生地でもあります。乾燥のときは2つの注意点があるので意識しながら乾かしましょう。

はじめての洗濯で乾燥機を使わない

新品のデニム生地は、買ってからはじめての洗濯だと表面の染料が落ちます。ただでさえ風合いを損ないやすいので、乾燥機で熱をくわえるとなおさら負担がかかります。初回の洗濯では慎重に扱いましょう。

乾燥時間に注意する

最近の洗濯乾燥機は洗濯物の量に応じて自動で乾き具合を調節してくれるものがほとんど。

もし、乾燥時間を自分で調節できるタイプなら1時間半〜2時間ほどと短めにかけるのがおすすめですが、不安なら自然乾燥に切り替えた方が安心ですね。

乾燥機を使わずジーンズ(ジーパン)やデニムを乾かすには?

ジーンズ ズボン かける

ジーンズやデニムは分厚くて乾きにくいイメージがありますが、乾燥機を使わなくても、乾かし方ひとつで乾燥時間を早めることもできます。

ポイントは「風通しをよくする」こと。裏返しにして裾から筒状に干すか、ピンチハンガーなどで腰回りが円を描くように広げて吊るしましょう。

こうするだけで内側に風が通りやすくなり、短時間で乾きますよ。

ジーンズ(ジーパン)やデニムは乾燥機を使えばいつでも乾かせる!

服 お出かけ 準備 支度 ジーンズ

ジーンズやデニムは、ファッションに取り入れやすい一方で洗濯がむずかしいアイテムでもあります。

まずは少々縮んでもいいジーンズを選び、裏返して乾燥機にかけてみましょう。仕上がりが満足いくものであれば、次から他のジーンズも乾燥させてみるといいですよ。

乾燥機が使えるとなれば、天気に関係なくこまめな洗濯もできるようになりますね。

ジーンズを縮ませずに乾燥させるコツ

  1. 裏返して表面を守る
  2. 早めに取り出して予熱で干す