ちくわはスケトウダラのすり身などを竹の棒に巻きつけて焼いたもので、低脂肪・高タンパクな食品です。ただ、冷蔵庫の中で気付いたら賞味期限が切れていた…という経験のある人もいるかもしれません。

そこで今回は、ちくわの賞味期限や腐ったらどうなるかなどについてご紹介します。

ちくわの賞味期限はどれくらい?

待つ 時間 砂時計

ちくわの賞味期限は、商品にもよりますが冷蔵で1〜2週間程度が目安です。

練り物は真空パック包装されているものもあり、それによって賞味期限が変わってくるので、パッケージの表示をよく確認するようにしてくださいね。

ただ、記載されている賞味期限は基本的に「未開封」の状態でのものです。開封後は賞味期限に関わらず、なるべく早く食べきるようにしましょう。

ちくわの賞味期限|保存方法は?

ちくわ

ちくわは基本的に冷蔵庫で保存します。開封した場合はしっかりとラップにくるみ、さらに保存用ジッパーバッグなどにいれて保存しましょう。

開封したあとは、冷蔵保存であっても2〜3日以内に食べきるのが理想です。

ちくわの賞味期限|冷凍はできる?

冷凍庫 食品 キッチン 冷蔵庫

ちくわは冷凍保存すれば1ヶ月ほど賞味期限をのばすことができます。

冷凍する前にちくわの水分を拭き取り、できれば1本ずつラップに包んでから冷凍用保存袋に入れて凍らせましょう。

調理しやすいサイズにカットした場合は、そのまま冷凍保存用袋で冷凍できます。ただ、カットせず冷凍したほうが乾燥を防いでおいしくたべられますよ。

ちくわは解凍が早いので、凍ったまま加熱調理して使えます。冷凍した場合はそのまま食べず、必ず加熱調理してから食べるようにしてください。

ちくわの賞味期限|腐ったらどうなる?

ちくわ

ちくわが傷んでいると、次のような状態になることがあります。このような場合は賞味期限に関わらず、食べるのは控えるようにしてください。

・ネバネバして糸を引いている
・溶けたように柔らかくなっている
・酸っぱいにおいがする
・生臭いにおいがする
・カビが生えている …など

ちくわは賞味期限に関わらず開封後は早めに食べきって

ちくわ きゅうり 和え物

ちくわなどの練り物は、開封前の賞味期限は比較的長めです。ただ、空気に触れると劣化が早まるので、開封後は賞味期限に関わらずなるべく早く食べ切るようにしてくださいね。