おうちのなかでタバコを吸っていると、真っ白だった壁もヤニがついて、黄色くくすんだり黒ずんだりしてきます。壁がくすんでいると見た目もよくないのでキレイにしたいところですが、ヤニってどうすれば落とせるのかよくわかりませんよね。

そこで今回は、壁紙についたヤニ汚れを落とす方法やヤニに効く洗剤をご紹介します。

壁紙のヤニを落とすのに必要な道具は?

マイクロファイバークロス 雑巾


用意するもの
必須
クエン酸
マイクロファイバークロス(雑巾でも可)
スプレーボトル

タバコの煙が壁に付着すると「ヤニ」と呼ばれる黄ばみ汚れになります。煙がついてできた汚れなので、一般的な洗剤を使えばサッと落ちるように思いますが、そう簡単なものではありません。

このヤニにはさまざまな物質が含まれているため、どの洗剤が相性がいいかを判断するのがむずかしいんです。どんな洗剤を使ったらいいか悩ましいですが、ここでおすすめしたいのは「クエン酸」です。

クエン酸のもつ酸性の性質がヤニに含まれる物質を中和して落ちやすくしてくれる可能性が高く、まずクエン酸を使って掃除をしてみてください。

壁紙についたヤニの落とし方は?

巾木の拭き掃除


クエン酸を使って掃除をするためには、まず水500mlにクエン酸小さじ1杯を混ぜて「クエン酸水」をつくります。スプレーボトルに入れておくと洗剤のように使えて便利ですよ。

あとは次の手順で壁紙についたヤニを落としていきましょう。

壁紙にクエン酸水を吹きつけて拭く

狭い範囲にクエン酸水を吹きかけて雑巾で拭き取る。壁紙によっては変色することもあるので、目立たないところで試してから使うこと。

電球のスイッチのヤニを拭き取る

壁についているスイッチやコンセントにもヤニがついている。クエン酸水を直接吹きかけず、雑巾を湿らせてそれで拭き取る。

道具をそろえるのは手間かもしれませんが、クエン酸やスプレーボトルは100均やドラッグストアでも手に入ります。気軽に試してみてくださいね。

天井の壁紙についたヤニを楽に落とすには?

部屋の天井 照明器具


タバコの煙は部屋全体を包むので、天井の壁紙にもヤニがつきます。でも、脚立や椅子にあがって少しずつ掃除するのは手間がかかりますね。

面倒な天井の掃除には、『クイックルワイパー』などのペーパーモップがとっても便利ですよ。

ペーパーモップにクエン酸水で固く絞った雑巾をつけて拭くだけ。床と同じように一気に天井を掃除できるのでおすすめです。

壁や天井以外にもヤニがついている?

カーテンの裾 フローリング床


タバコのヤニは家具やカーテン、窓など部屋の空気に触れる場所ならどこにでもつきます。

壁紙に比べて家具や窓のヤニは『かんたんマイペット』などのリビング用中性洗剤と水拭きだけでも落ちるので、こまめに掃除をしておくことをおすすめします。

また、カーテンのヤニは洗濯するのが一番なので、臭いが気になるときは壁紙掃除に合わせてカーテンも洗濯してしまいましょう。

一度洗濯したあとは普段の掃除のときにクエン酸水をカーテン全体にスプレーしておくと臭いを抑えられるようになります。

壁紙のヤニを落とすのに便利な洗剤はある?

クエン酸や『かんたんマイペット』を使ってうまく取れないヤニには専用の洗剤を用意するのがおすすめ。しっかり黄ばみを落とせる分、強力な洗剤なので取り扱いには注意してくださいね。

『スコッチ・ブライト シャープシューター』(3M)

タバコのヤニによる黄ばみ・黒ずみのほかに、キッチンの油汚れや手垢なども掃除できる万能洗剤。香料が入っていないので、場所を選ばずに使えます。

『業務用 超強力 黄ばみ取りクリーナー』(Euclid)

賃貸住宅などでなかなか張替えできない壁紙でも安心してください。少し値ははりますが、この業務用のクリーナーならスプレー後に15分ほど放置して布巾で拭けばもとの白さを取り戻せます。洗浄力が強いのでゴム手袋の着用を忘れずに。

壁紙についたヤニは月に1度キレイにしよう

フローリング床・壁の掃除 巾木


ヤニ汚れはほうっておくほど落ちにくくなるので、こまめに落としておくことが大切です。できれば月に1回は掃除することをおすすめします。

クエン酸水があれば意外と簡単に落とせるものなので、クエン酸水を常備しておいて気になったときにすぐ掃除しましょう。

一気に全部の壁紙を掃除するのではなく、「今週は窓側の壁、来週はキッチン側の壁…」と、週ごとで一か所ずつ掃除するとそれほど手間もかかりませんよ。

普段の掃除のなかに壁紙掃除を上手に取り入れて、真っ白でキレイな壁紙が映えるおうちにしてくださいね。