フローリングの掃除は、掃除機をかけるだけの人も多いと思います。でも、皮脂汚れや食べこぼし、子供がつけたクレヨンやマジックなど、掃除機だけでは落としきれない汚れがついていることも。

汚れにあわせた洗剤を使って拭き掃除をして、フローリングの床をすっきり気持ちよく保ちましょう。今回は、フローリングの床に使える洗剤と、おすすめの商品をご紹介します。

フローリングの床で洗剤が必要な汚れは?

掃除道具

普段の掃除では落とせない次のような汚れは、洗剤を使ってキレイにしましょう。

細かいホコリ汚れ

日常的にフローリングにたまるホコリなら掃除機で十分に吸い取れます。でも、細かいホコリまで落とすなら洗剤を使って拭き掃除するのが一番。チリのような細かいホコリも一掃できます。

食べこぼし

フローリングに食べ物・飲み物をこぼしたときは、リビング用洗剤を使うとシミを防いでキレイにすることができますよ。

油汚れ

キッチンに近いフローリングの床は、調理中の油がはねて汚れています。洗剤を使って掃除することでベタつきのないサラサラした床になりますよ。

フローリング床に使える洗剤!おすすめのタイプはどれ?

フローリングに使える洗剤は大きく「スプレータイプ」「シートタイプ」の2種類。それぞれに特徴があるので、選ぶときの参考にしてみてくださいね。

スプレータイプ

かんたんマイペット

少し頑固な汚れや、狭い範囲の汚れを落とすのに向いているのが、スプレータイプ。

使う洗剤の量を調節しやすいので、狙った通りの場所をキレイにできます。

シートタイプ

掃除 クイックル ウェットシート

広い範囲の掃除をするなら、シートタイプがおすすめ。洗剤が染み込んだシートタイプなら、そのまま雑巾がけの要領で拭き掃除すればOK。

使い捨てできるので、雑巾のように洗って乾かす手間を省けます。

フローリングに使える洗剤!スプレータイプのおすすめは?

『かんたんマイペット ハンディスプレー』

かんたんマイペット出典:www.kao.com

除菌ができて、面倒な二度拭きも不要。フローリングはもちろん、家中の汚れ落としに使える万能洗剤です。布などにスプレーをして、汚れが気になる箇所を拭き取るだけでOK。

スプレーの出方が2種類選べるから、ピンポイントな汚れのときは狭くスプレーし、広範囲な汚れには広くスプレーして使うことが可能。除菌するときは、さっとスプレーして5分ほどおいてから拭き取るだけ。リビングに常備しておきたい一本です。

『フローリングマジックリン つや出しスプレー』

フローリングマジックリン出典:www.kao.com

ワックスがけをしてあるフローリングの場合、洗浄力の強い洗剤を頻繁に使っていると、フローリングのワックスまで落としてしまい、つやがなくなってしまうことがあります。

このマジックリンなら、汚れを落としつつツヤ出しもできるすぐれもの。汚れがひどい場合は、汚れをしっかり落としたあとに仕上げでツヤ出しとして二度拭きすると、ピカピカなフローリングを取り戻せます。

『パストリーゼ』

ちょっとしたベタつきくらいなら、アルコール除菌スプレーで拭き掃除するだけでも十分。『パストリーゼ』は酒造メーカーが作ったアルコールスプレーで、食品にも使えるほど安全性が高いのが特徴。

使った後はすぐに蒸発して何も残さないので、小さな子供がいるおうちにもおすすめです。

『ウタマロクリーナー』

やさしい緑色をしたボトルが特徴的なのが『ウタマロクリーナー』です。リビングはもちろん、キッチンやお風呂などおうちのどこでも使えるマルチな洗剤。

吹き付けてから拭き取るだけと使い方もシンプルなので、何かと重宝しますよ。

フローリングに使える洗剤!シートタイプのおすすめは?

『クイックルワイパー ウエットシート 』

クイックルワイパー ウエットシート 出典:www.kao.com

スプレータイプと違って、拭き取り用の布を用意しなくていいのが、手軽なシートタイプ。フローリングのスポット汚れを落とすなら、別売りのワイパーをつけずにシートで直接拭き取りましょう。

弱アルカリ性の洗浄液を含んだ3層構造のシートが、皮脂汚れや、油分を含んだ汚れを中和してきっちり落とすことが可能。拭くだけで除菌もできるおすすめの掃除用シートです。

『セスキの激落ちくんシート』

掃除道具でおなじみの「激落ちくん」から、フローリングシートが販売されています。セスキ炭酸ソーダという、自然由来の洗浄成分を使って作られたシートは油を含む汚れを落とす力が抜群。

泡立つ洗剤成分は配合されていないので、フローリングに洗剤が残らないのもうれしいポイントです。

『Presto! 』

アマゾンが独自ブランドを立ち上げて販売したのが「Presto!」シリーズ。1枚あたり9円というコスパのよさと、厚手タイプで使っている間にもヨレにくいのが人気の秘密です。

アルコールの力で汚れを落とすので、フローリングだけでなくおうちのあちこちの掃除で活躍します。

フローリングの床についた特殊な汚れは洗剤で落とせるの?

クエスチョン ? はてな

子供がいる家庭では、子供がフローリングにクレヨンでらくがきをしてしまったり、うっかりマジックで汚れをつけてしまったりすることもありますよね。

こうした特殊な汚れがついてしまうと「完璧に落とすのは無理なんだろうな…」とあきらめてしまう人も多いと思いますが、実は意外と簡単に落とすことができるんです。

クレヨンやマジックを落とすテクニックとおすすめアイテムをご紹介します。

クレヨン汚れには「クレンジングオイル」!

クレンジングオイル

クレヨンは顔料とワックスを混ぜて固めたもの。つまり主成分は、油。普段メイク落としに使っているクレンジングオイルで落とせるんです。

いらない布にクレンジングオイルを染み込ませて、クレヨンがついた部分をこすればするすると溶けてキレイになりますよ。オイルがべたつくことがあるので、仕上げに上で紹介したフローリング用のスプレーなどで二度拭きすればもとどおりに。ぜひ試してみてくださいね。

マジックの落書きには「メラミンスポンジ」

メラミンスポンジ

フローリングについたマジックは落としにくい汚れです。強い洗剤などを使ってしまうと、ワックスはもちろん、フローリングの塗料まではげて白っぽくなってしまうことがあるので焦りは禁物。

油性のマジックがフローリングについてしまった場合は、『激落ちくん』などのメラミンスポンジと呼ばれる樹脂製のスポンジを使ってみてください。

メラミンスポンジでこする

洗剤は必要なく、少量の水を含ませて軽くこするだけで、みるみる汚れを落とせます。

注意点として、メラミンスポンジは汚れを「削り落として」いるため、力を入れすぎるとフローリングを傷つけてしまう恐れがあります。油性マジックの部分だけをやさしくこするようにしてください。

油性マジックがフローリングの木材に染み込んでしまわないうちに、汚れがついてしまったらなるべく早く落とすようにしましょう。

覚えておきたい

エコなわざあり

フローリング掃除には食器用洗剤も活用できる!

食器用洗剤

食器洗い用の洗剤を、フローリングの汚れ落としに使うことができます。フローリング用の洗剤よりも濃いので、雑巾に1〜2滴たらして水を加えて軽くもみこみ、汚れた場所を拭きましょう。

洗剤がフローリングに残ってしまう場合があるので、仕上げに綺麗な雑巾で水拭きをすれば、完璧です。食器用洗剤は洗浄力が高く、フローリングのワックスを落としてしまう場合があるので、目立たない場所で一度試してみて。

フローリングの床は洗剤でキレイに!

フローリング 床 広い リビング

フローリングには案外汚れがつきやすいもの。週に一度は拭き掃除を取り入れることで、ベタつきなどを防ぐことができますよ。汚れにあわせた洗剤を選んで、キレイな状態をキープできるといいですね。

家中を一度に拭くのは大変なので、曜日を決めて部屋ごとに拭き掃除をする日を設定してみるのもおすすめです。日々のお掃除のなかに、自分なりの拭き掃除習慣を取り入れてみてください。