ふだんは何気なく使っていますが、大掃除のシーズンになると気になりだすのが換気扇カバーの汚れ。汚れがたまってくると見栄えも悪くて、どうにかしなきゃいけないんだけど…と落ち着かなくなりますよね。

そこで今回は、換気扇のカバーを手間を掛けずにキレイに掃除する方法についてご紹介します。

換気扇のカバーにつく汚れは一体何?

疑問 ? はてな

換気扇のカバーにつく汚れは、基本的には「ホコリや糸くず」がメイン。空気を吸い込むときにホコリがカバーに引っかかって、それが蓄積されて目に見える汚れになるというわけです。

ただ、おうちにある換気扇のなかでも「キッチンの換気扇」だけは特別。キッチンでは吸いこむ空気が油分を含んでいるので、カバーにはホコリに加えて油汚れが混じった汚れがべったりついてしまんです。

ここではまずトイレやお風呂、リビングなどにある換気扇カバーの掃除方法から順にご紹介します。

換気扇カバーの掃除方法!

ハンディ 掃除機

用意するもの
必須
掃除機
いらない布

トイレやお風呂の換気扇などにつく汚れはほとんどがホコリ。掃除機があれば十分キレイにできます。

掃除の仕方は?

トイレの換気扇の外し方

ホコリが舞い上がらないように注意しながら、次のように取り除いていきましょう。

換気扇カバーを取り外す

換気扇カバーをゆっくり引き出して外す。高い場所の作業なので、安全に注意して。

掃除機でホコリを取る

掃除機で絡みついたホコリを吸い取る。換気扇の内側も吸っておくとより効果的。

乾拭きする

最後に乾拭きして残ったホコリを取って仕上げる。

カバーを戻す

カバーを元通りに設置し直したら完了。

カバーを外さず上から掃除機で吸うだけでも十分キレイにできますよ。キッチン以外の部屋であれば、ホコリを取るだけで空気の通りがよくなります。

キッチンの換気扇カバーの掃除

換気扇の油汚れ

用意するもの
必須
『キッチンマジックリン』などのアルカリ性洗剤
いらない布
歯ブラシ
ゴム手袋

油汚れがべったりついたキッチンの換気扇は、丸洗いして汚れを落とします。

『キッチンマジックリン』などキッチンのガンコな汚れを落とせる洗剤を用意しましょう。油は酸性の性質があるので「アルカリ性洗剤」を選べば大丈夫。

1本用意しておけばコンロやグリルなど油がよくつく場所ならどこでも掃除できますよ。

掃除の仕方は?

換気扇 掃除

ギトギトに汚れた換気扇のカバーは、取り外すときに滑りやすいので家族に協力してもらいながら進めましょう。手順は次の通りです。

カバーを取り外す

突然動き出さないようにまずは電源を落とし、金属のカバーを取り外す。

カバーに洗剤をかける

外したカバーにたっぷりと洗剤を吹き付けて放置する。

レンジフードを拭く

つけおきの間、レンジフードについた汚れを拭き取る。内側も忘れずに。

洗剤を流す

放置していたカバーの汚れが浮いてきたら、食器洗いの要領で洗剤を流す。

細かい汚れを落とす

歯ブラシを使って細かな汚れをかき出し再び洗う。

取り付け

乾燥させてから元に戻して完了。

金属のカバーにはこまかな穴がたくさん開いています。穴の隙間に詰まった汚れを浮かせるため、洗剤はたっぷりと吹き付けるのがコツです。

1年間かけて積もった汚れは簡単には落とせないこともあるので、つけおきを数回繰り返すなど、惜しみなく洗剤を使いましょう。

換気扇カバーに汚れがつくのを予防するには?

アイデア 考え方

換気扇のカバーがキレイになったら、来年の掃除で苦労しないためのひと工夫しておくといいですよ。

換気扇のカバーに市販のフィルターを取り付けてください。これだけで換気扇が汚れるのを防げます。

フィルターは100円ショップでも扱っていて、汚れたらフィルターを交換するだけなので掃除の手間がありません。

また、掃除いらずの特殊なコーティングがされた換気扇カバー自体も販売されています。長年使って汚れがしっかりこびりついているなら、カバー自体を新しいものに交換する方法もありますよ。

掃除を楽にしておけば年末の忙しいシーズンでも余裕を持って行動できますね。

換気扇のカバーを掃除しておくと料理が気持ちよくできる

キッチン 収納 調味料 

換気扇カバーの汚れは見落としがちですが、キレイにしておくと気持ちもスッキリするものです。手間ではありますが、こまめに掃除してキレイな状態を維持していきましょう。

換気扇カバーが清潔だとキレイな空気を循環できるようになるので、各場所で過ごす時間もすがすがしく感じられるはずです。

定期的に換気扇のカバーを掃除して、新鮮な空気のなかで調理を楽しんでくださいね。