「コーディネートしたい洋服が見つからない!」。忙しい朝、そんなふうに悩まされたことは一度や二度ではないはず。洋服をどう収納するかは悩みのタネですね。

そこで今回は洋服がグチャグチャになったり、見つからなくなったりするのを解消するために、衣類の収納術をご紹介します。アイデアやコツを参考にして自分なりの収納にチャレンジしてくださいね。

洋服の収納は「定位置」が大事

たたみ方
自分の洋服をどこにどうしまっているか、すぐに思い出せますか?

「洋服がうまく収納できない」と悩んでいる人は、なんとなくの感覚で洋服をしまっている可能性があります。

そのため、どこにしまったかわかりにくくなり、探すために引き出しのなかをかきまわし、せっかくたたんであった服もぐちゃぐちゃに…。

こうした悩みを解消するのが洋服の「定位置」を決める収納術です。収納する場所がきちんと決まれば、今までのように悩まされることはなくなりますよ。

洋服収納の基本は「たたむ」か「吊るす」

ウォークインクローゼットの使い方
洋服収納の定位置を決める前に、洋服の基本的な収納の仕方をおさえましょう。

洋服を収納するときは、

① たたむ
② 吊るす

のどちらかしかありません。

洋服によってたたんだほうがいいもの、吊るしたほうがいいものにわけて、その上で定位置を考えましょう。吊るすものを決めてから、残りはたたむようにすると決めやすくなりますね。

① たたむ収納向きの衣類

折りジワがつきにくいニットやパンツ。下着類やカットソーなどもたたむのが基本です。「使用頻度が低い」衣類もたたんで収納したほうがいいですよ。

② 吊るす収納向きの衣類

型崩れしやすく、折りジワができやすいワンピースやシャツなどは吊るします。ベルトやストールなどの丈が長いものは吊るすとキレイに見えますね。

吊るしたほうが取り出しやすいので、使用頻度の高いものはできるだけ吊るすのがおすすめです。

洋服収納の定位置はどうやって決める?

おうちにまつわるギモン
洋服は、着替える場所にひとまとめにするのがおすすめです。寝室のクローゼットやウォークインクローゼットなどにおさめるといいですよ。

洋服を置く場所を決めたら、あとは「吊るす収納」と「たたむ収納で」わけて考えます。それぞれ決め方を説明するので、自分なりにアレンジしましょう。

洋服の吊るす収納の定位置を決めるには?

ひらめきイメージ
吊るす収納はハンガーラックにかけるだけですが、きちんと定位置の決め方があります。次の順番で並べます。

① 洋服の丈の長さでそろえる

シャツやパーカーなど丈の短いものから、最後はワンピースなど長いものがくるように並べます。長さで別れているのでおおよその場所がわかって探しやすくなります。

丈が短いところには引き出し収納を入れることもできて収納量を増やせます。

② 同じ丈のなかは色でそろえる

同じ丈の長さのなかでは色分けすると、見た目もきれいなうえに探しやすくなります。

丈と色の2種類でクローゼットの中の居場所を決めておけば毎回お目当ての服を探すのに苦労することもなくなりますよ。

洋服のたたむ収納の定位置を決めるには?

仕切る収納
たたむ収納は隠れてしまうので、定位置の決め方がうまくできていないと「洋服が見つからない」といったトラブルの原因に。

次のポイントを意識して定位置を決めてください。

① 引き出しに入れるか、棚に重ねるかで分類する

たたんだ洋服を引き出しに入れるか、扉のない棚に重ねるかで分類しましょう。下着類は引き出し収納のほうが収まりがいいですが、よく使うニット類は棚に重ね置きしたほうが目につきやすくなります。

② 種類別にわける

引き出しに収納するときは、段で種類をわけるのがおすすめです。

上段を下着、中段はTシャツ類など、ざっくり分類だけ決めます。そのなかはさらに細かく種類別でわけ、同じ種類を縦に並べると、少し開いただけで必要なものが取り出せるので便利です。

③ 洋服は立てて入れる

Tシャツなどを引き出しに入れるときは、平置きに積むと下にある服を手に取りにくくなります。立てるようにたたみ、折り山が上にくるようにしましょう。

覚えておきたい

エコなわざあり

洋服を一時的に置く場所があると便利

カゴ
一度着たあと、洗濯するまでに何度か着るような服の置き場所に困っている人もいると思います。

そういう服は、一時的な置き場所をつくるといいですよ。クローゼットや部屋のなかに、ハンガーラックでも棚でもかまいませんので、「ここは数回着る洋服の置き場所」と決めておくと管理しやすくなります。

また、コートなどのアウターは外から帰ってきてソファーや椅子にかけっぱなしになりやすいので、サッと掛けておけるフックなどを置くと散らかって見えません。

すべてをきちんと収納しなくても、一時的な洋服の置き場所を決めるだけでだらしなさはなくなりますよ。

収納に便利なアイディアグッズは?

ハンガーの種類
洋服の収納アイテムとして、ハンガーやラック、棚なども使い勝手のよいものを選びたいですね。しまい方が変わるだけで、とっても便利になりますよ。

『チェスト仕切りBOX 24マスタイプ』(東洋ケース)

小物の定位置を決めるのに便利なのが、引き出しに仕切りをつくってくれるグッズです。行方がわからなくなりがちな小物もしっかり見栄えよく収納できます。

『着脱式 スカートハンガー』(レック)

スカートも吊るして収納したいところですが、かさばるのが難点。このハンガーなら4枚のスカートを省スペースで吊るせます。

『布製のボックス』

子供の服は小さいのでひとつの引き出しにいろんな種類の服が入ってしまいますよね。ひとつの引き出しで何種類も入れるとあっという間にごちゃごちゃになってしまいます。

洋服の収納のポイントは定位置を決める!

押し入れの収納
洋服をたくさんもっているほど、朝の支度に時間がかかってしまうと思います。

しかし、きちんと定位置を決め、入れ方をそろえておけば、慌てるようなことはなくなります。洗濯物をしまうときも場所が決まっているので迷わず、スムーズに片付けられます。

洋服がキレイに収納できていると、部屋も散らかってみえることがなくなって、より清潔感がでますよ。まずは洋服の収納から見直してみてくださいね。