手縫いではかならず必要な「玉止め」。むずかしいイメージがありますが、コツを覚えれば簡単にできますよ。

今回は、玉止めのやり方を、写真を交えながらくわしく説明します。

ぜひ、玉止めをマスターしてくださいね。

玉止めとは?

スナップボタン つけ方 裁縫
玉止めは、縫い終わりを止めるためのコブで、布に糸がついた状態で行います。

手縫いのときは、最初と最後にしなければならない作業なので、正しいやり方を覚えましょう。

玉止めのやり方

糸 通し やり方 裁縫
ここからは、玉止めのやり方を手順ごとに写真付きで解説します。

玉止めは縫い終わったあとに行うので、縫い終わった場面から説明していきます。

① 縫い終わりに針を当てる

玉止め 玉結び やり方 裁縫
糸の根本(縫い終わり)に針を当てます。

② 針を押さえ、2〜3回糸を巻く

玉止め 玉結び やり方 裁縫
針の先端側からくるくる巻き付けます。

③ 巻いた糸を親指で押さえる

玉止め 玉結び やり方 裁縫
巻いた糸を縫い終わりの近くに集め、親指でしっかりと押さえます。

④ 針を抜く

玉止め 玉結び やり方 裁縫
親指で押さえたまま、針を抜いていきます。

玉止め 玉結び やり方 裁縫
最後まで抜ききったら完了です。糸を切って仕上げましょう。

おさらいしておきたい玉結びのやり方

縫い終わりに必要になる玉止めですが、縫い始めには糸の端っこを「玉結び」する必要がありますよね。玉止めとあわせて基本のやり方をおさえておきましょう。

玉結びをする前に、糸は針に通しておいてくださいね。

① 利き手で糸の端をつまむ

玉止め 玉結び やり方 裁縫
人差し指と親指でつまみます。

② 人差し指に糸を巻き付ける

玉止め 玉結び やり方 裁縫
手首をくるっと返して人差し指に糸を巻き付けます。

③ 指をずらず

玉止め 玉結び やり方 裁縫
人差し指は手のひら側へ、親指は反対側へずらします。人差し指を親指になすりつける感じ。

④ 親指を支えに中指で結び目を押さえる

玉止め 玉結び やり方 裁縫
③でできた結び目を中指で押さえます。

⑤ 引っ張る

玉止め 玉結び やり方 裁縫
中指と親指で押さえたまま、糸を引っ張ります。

玉止め 玉結び やり方 裁縫
これで玉結びの完成です。

玉止めと玉結びのやり方がわかれば、裁縫の基本はバッチリですよ。

玉止めは意外と簡単!

まつり縫い やり方 縫い方 裁縫
玉止めは、はじめてやるとなるとむずかしいと感じるかもしれませんが、ゆっくりやってみてください。

一度やってみると、案外簡単なので、スイスイできるようになります。

ぜひスムーズに玉止めをできるようになって、お裁縫を楽しんでくださいね。