洋服から小物まで、いろいろなものについているスナップボタン。簡単にとめられるので便利ですが、パーツが2つもあるので、つけるのはむずかしそうなイメージがありますよね。

一般的なボタンと比べて複雑そうな見た目ですが、意外と簡単にしっかり取り付けられますよ。

今回は、スナップボタンの正しい付け方をご紹介します。

スナップボタンってどんなもの?

スナップボタン つけ方 裁縫
スナップボタンとは、突起のついたパーツとそれにあわせたくぼみを持つパーツから成るボタンのこと。

押し合わせればパチンと音がすることから、簡単にとめられるので、洋服だけでなくカバンなどにもよく使われています。

パーツが2つあるので、一般的なボタンと比べて取り付けには時間がかかりますが、正しいつけ方を覚えれば、しっかり頑丈につきます

キレイな仕上がりにもなるので、この機会にぜひマスターしちゃいましょう!

スナップボタンをつけるのに必要なものは?

スナップボタン つけ方
スナップボタンをつけるときは、「針」「糸」「はさみ」の3つを使います。普通の裁縫道具があれば問題ありません。コンビニなどで売られているソーイングセットでも十分です。

「まち針」があるとつけやすさがアップします。簡易ソーイングセットには入っていないものも多いので、必要であれば別途用意してくださいね。

【写真つき】スナップボタンのつけ方

ここからはスナップボタンのつけ方を、写真を交えてご紹介します。

スナップボタンの凹凸はつける位置と順番があります。まずは凸のパーツからつけます。ボタンをとめるとき、上側にかぶせる布に縫いつけましょう。

① 玉結びをする

玉止め 玉結び やり方 裁縫
針に糸を通して玉結びをします。

② 表から針ですくう

スナップボタン つけ方 裁縫
ボタンをつけたい場所をすくいます。

ずれるのが心配な人は、チャコペンなどでマークしておくといいですよ。

③ スナップ穴に糸を裏から通す

スナップボタン つけ方 裁縫
スナップボタンを根本まで通したとき、玉結びが隠れるようにします。

スナップボタン つけ方 裁縫
糸を通し切ったら、親指で押さえます。ずれるのが心配な人は、まち針でボタンを固定するといいですよ。

④ スナップ穴の横に針を通す

スナップボタン つけ方 裁縫
スナップ穴のすぐ横に針を刺し、生地すくいます。

スナップボタン つけ方 裁縫
スナップ穴から再び出すとき、針を半分くらい刺したら、ボタンから伸びている糸を針に巻きつけます

スナップボタン つけ方 裁縫
そのまま針を抜いて、ゆっくり糸を引いていきましょう。こうすることで、スナップボタンを糸でしっかり固定できるんですよ。

これを3〜4回繰り返してください。

⑤ となりのスナップ穴へ移動する

スナップボタン つけ方 裁縫
1つ目のスナップ穴が縫い終わったら、移動するスナップ穴の下をすくいます。

スナップボタン つけ方 裁縫
そのままスナップ穴から針を抜きます。これで移動は完了です。

この要領で、すべてのスナップ穴を縫っていきます。

⑥ 玉止めする

スナップボタン つけ方 裁縫
縫い終えたら、スナップボタンの近くで玉止めをします。

⑦ 裏側に糸を抜く

スナップボタン つけ方 裁縫
スナップボタンの下を通して針を抜きます。

スナップボタン つけ方 裁縫
こうすることで玉止めが隠れ、スッキリとした見た目になりますよ。

⑧ 下側の生地に印をつける

スナップボタン つけ方 裁縫
凸パーツが縫い終わったので、次は凹パーツを縫います。

凹パーツをつけたい生地に、凸パーツを押し当てて布に跡をつけます

スナップボタン つけ方 裁縫
このように跡がつきます。

⑨ 凹パーツを同じ要領でつける

スナップボタン つけ方 裁縫
凸パーツと同じ要領で、⑧でつけた印に凹パーツを付ければ完成です。

こんなアイテムも

エコなわざあり

糸を使わないで取り付けるスナップボタンもある!

スナップボタン つけ方 裁縫
スナップボタンといえば、衣類に縫い付けるタイプをイメージしますが、糸を使わないで取り付けるタイプもあり、幼児服やてさげカバンなどに使われているのを見かけます。

衣類に穴をあけて、布をはさむようにして取り付けるボタンで、簡単につきます。

表からボタンが見えるため、それを活かしたおしゃれなデザインのタイプもあるんですよ。小物入れを作るときなどに使ってもいいですね。

スナップボタンを上手につけるコツは?

スナップボタン つけ方 裁縫
スナップボタンをつけるときは、以下のポイントに気をつけて縫いましょう。仕上がりがうつくしく頑丈になりますよ。

スナップボタンを糸で固定する

少し手間ですが、スナップ穴に通して縫うときは、ひと針ずつ糸を巻き付けてから抜くようにしましょう。外れにくく頑丈になります。

表に糸を出さない

裏生地がついた衣類に縫うときは、表側に糸が見えないように縫うといいですよ。

縫い目がないことでスッキリと見え、うつくしく仕上がります。

縫うときは針の先や糸の行方が見えないのでむずかしいですが、生地をすくうのに針を深く刺し過ぎないようにするのがコツです。

スナップボタンのつけ方で頑丈さが変わる

スナップボタン つけ方 裁縫
スナップボタンはパーツが2つもあるので、取り付けが大変そうですが、正しく縫えば頑丈につけられますよ。

ぜひこの機会に、スナップボタンの正しいつけ方をマスターしてくださいね。