お出かけ時には不可欠の抱っこ紐『エルゴ』。使い続けていると汚れが気になってきますよね。

「そろそろ洗いたいんだけど…」と思っている人は多いと思いますが、「エルゴって洗える?」「洗っても型崩れはしないの?」といろいろ疑問も出てきますよね。

そこで今回は、エルゴの洗い方や洗うときの注意点をくわしく紹介します。

エルゴって洗濯してもいいの?

洗濯機

エルゴは衣類と同じように洗濯機で洗濯ができます

ただ、衣類に比べて何度も洗うように作られているわけではないので、無造作に洗うと色落ちや型崩れの原因になることもあります。

エルゴをキレイに洗うには、正しい方法で洗ってあげる必要がありますよ。

エルゴを洗濯する準備

洗濯ネット 洗面所
用意するもの
必須
洗濯ネット
『エマール』などの中性洗剤

エルゴにもいくつか種類があるので、最初に取扱説明書を確認することをおすすめします。ここでは一般的なエルゴを例にとります。

まず、洗濯ネットと中性洗剤を用意しましょう。これがあれば、エルゴを傷つけずに洗うことができます。洗濯ネットは50×60cmくらいのサイズのものがあれば十分に入りますよ。

洗濯前の色落ちチェックを忘れずに
洗濯物 漂白剤 色落ち

洗剤の種類によっては色落ちすることがあるので、洗濯する前に色落ちチェックをしましょう。

エルゴの見えにくいところに洗剤を少しつけて変色しないか確認してくださいね。

エルゴを洗濯する手順は?

エルゴを洗濯する準備が整ったら、次に紹介する順番で洗っていきましょう。

洗濯機にかける下準備

洗濯ネットとバスケット

ストラップはゴムから外す

ストラップをまとめた状態で洗濯すると、ゴムが伸びてしまうので留めない状態に。

バックルと着脱テープは留める

バックルを留めることで型崩れを防ぐ。マジックテープやファスナーも留める。

洗濯ネットに入れて洗濯機へ

汗がつきやすい内側を外にしてネットに入れると、よりキレイにできる。

洗濯したときに型崩れをしないように、バックルなど止めるべきものを止めたか確認してから洗濯してくださいね。

洗濯機で洗う

洗濯機のボタン

洗濯機の設定は「弱モード」で洗濯しましょう。

洗濯機に弱モードがなければ、おしゃれ着コース・ドライコースで大丈夫。どちらもデリケートなエルゴを洗濯するのにぴったりなコースです。

また、お湯を使うと色落ちの原因になるので、冷水を使うこと。お風呂の残り湯なども使わないようにしましょう。

乾かす

陰干し

洗濯が終わったら陰干しします。直射日光を浴びると、生地が傷みやすくなるので影で干すのがおすすめ。

乾燥機を使うのであれば、低音・弱モードで15分で止めて乾き切る前に取り出して最後は陰干しします。

エルゴの洗濯で気をつけたいことは?

エルゴをキレイに洗い上げるには、次のポイントに気をつけましょう。

蛍光増白剤入り洗剤は使わない

ダメ 禁止 NG 注意

蛍光増白剤は名前の通り「白をより白くする」力があります。

これらを使うと、エルゴの色合いが変わったり色が落ちたりする原因になるので、洗剤の含有成分には気をつけましょう。

ひどい汚れは部分洗いを

オキシクリーンでつけおき

食べこぼしで部分的な汚れが気になるときは、中性洗剤を使って部分洗いをしてから洗濯すると確実に汚れを落とせますよ。

汚れ部分を中性洗剤を溶かした洗剤液に浸しながらもむようにして汚れを落としましょう。

エルゴを洗濯する頻度はどれくらい?

カレンダー 日付 頻度

汚れが目立たなくても、エルゴには汗やよだれの汚れがついているんです。

エルゴは赤ちゃんの肌に直接触れることもあるので、衛生的にしておくと安心ですよね。

月に1度を目安に洗濯すると、キレイな状態を保てますよ。

エルゴはインサートも洗濯すべき?

抱っこ紐

赤ちゃんが首がすわるまで使うインサートはエルゴ本体と同じように洗濯できます。

インサートも汚れがたまるのでエルゴと一緒に洗濯してあげるといいですよ。

エルゴと同じように洗濯ネットに入れて中性洗剤を使えばOKです。

エルゴの洗濯の仕方を覚えて、気持ちよくお出かけしよう

赤ちゃん 抱っこ紐

エルゴは赤ちゃんがほぼ毎日触れるものなので、衛生面には気をつけたいですよね。

洗うときのポイントは型崩れしないように留め具は留めてネットにいれることと、おしゃれ着と同じように丁寧に洗うことです。

エルゴを定期的にキレイに洗濯して、フレッシュな気分で子供とお出かけしてくださいね。