ズボンを洗って「シワがついた…」と困った経験はありませんか?でも、普段ズボンにアイロンをかける機会がないと、「テカったり、熱で色落ちしたりしないかな…」と心配になりますよね。

今回は、そんな人のためにズボンのアイロンのかけ方とコツをまとめてご紹介します。

ズボンは日常的にアイロンがけするべき?

疑問 ギモン はてな ?


シャツのアイロンがけですら面倒なのに、ズボンまでとなると負担に思う人も多いと思います。

ズボンのアイロンがけは、すべてのズボンに毎回する必要はありません

シルエットにこだわりのあるもの、スタイリッシュに見せたいものなど、いくつかしぼってアイロンがけするのが大切です。

ここで紹介するやり方やコツを覚えて、しっかりシワを伸ばしてあげましょう。シワがなく整ったズボンなら、出かけるときも気持ちいいですよ。

ズボンのアイロンがけは準備が大切

注意点 チェック


アイロンがけをするときはまず素材チェックが欠かせません。

綿などの丈夫な素材でできたズボンなら心配はありませんが、ウールなどのデリケートな素材や熱に弱い合成繊維が使われているなら注意が必要です。

まずは洗濯表示を探し、どんなアイロンのかけ方をすればいいか確認しましょう。おおよその目安としては「高温を使うのは綿・麻素材の場合」で、それ以外は中温以下と考えてください。

ただ、編み方や装飾の有無などで条件が変わってくるので、温度の設定やあて布の要不要など必ずチェックしてくださいね。

ズボンのアイロンがけのやり方は?

アイロン シャツ アイロン台


洗濯表示の設定にもとづいてさっそくアイロンをかけましょう。

いきなり高い温度でアイロンをかけるとテカってしまうことがあるので、デリケートな生地のズボンなら、まず低温からはじめると失敗が少なくすみます。あて布をしながら試しがけしてみましょう。

手で整える

ズボンを上下左右に手で引っ張り、形を整えておく。

アイロン台にのせる

折れ目がないように広げ、手でシワを伸ばす。アイロンの電源を入れる。

腰回りからアイロンをかける

生地の厚い腰回りからアイロンをかける。ベルトを通す穴の部分などはアイロンの先端でなでるように。

脚の部分にアイロンをかける

シワがよりやすい膝周りを入念にアイロンがけする。

冷めるまで待つ

熱が冷めるまで吊り干しし、形が定着するのを待つ。

シワが取れにくいズボンは、裏返して両面アイロンがけしてもOKです。装飾の付いたズボンも裏側からアイロンがけすると傷めにくくできますよ。

アイロンをかけてもズボンのシワが伸びないときはどうする?

アイロン 蒸気


ガンコなシワをキレイに伸ばすには「水」の力を借りるのがおすすめ。中温以上でアイロンをかけてもシワが伸びないとき、次の方法を試してみてください。

スチーム機能を活用する

スチーム機能のついたアイロンなら、そのスチームを活用しましょう。水蒸気は繊維の流れを整えてくれる力があるんです。

ウールのズボンなどはスチームを含ませて吊り干しするだけでもキレイになりますよ。

霧吹きを活用する

アイロンにスチーム機能がない場合やシワがつきやすい綿・麻などにアイロンをかける場合は、霧吹きを使って直接濡らすのがおすすめです。

液体の水が生地の内側で水蒸気に変わり、効果的にシワを伸ばしてくれますよ。

ズボンをアイロンなしでも仕上げられる?

ズボンハンガー ズボン ジーンズ


実はズボンは洗濯したときの干し方次第で、アイロンいらずにできます。

そのやり方は「たたんでネットに入れて洗濯し、脱水時間を30秒ほどにする」という方法です。シワは脱水時の遠心力が原因のことがほとんど。その脱水を短時間ですませるのがシワを減らすコツ。

水分を吸った重みでシワも伸びやすくなっているので、形を整えて吊り干しすればアイロンがなくてもキレイに仕上がりますよ。

多少乾くまでに時間はかかりますが、ふだんの脱水時と大差ありません。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

覚えておきたい

エコなわざあり

ズボンのアイロンがけでテカリが出たら…

アイロン焼け

アイロンの温度が高すぎたり強く押し付けすぎたりすると、ズボンにテカリが出てしまうことがあります。軽いテカリであれば元に戻せるので、やり方を覚えておきましょう。

まずはアイロンのスチームをたっぷりふくませ、洋服ブラシで表面の毛を起こします。そのあとに再度スチームをあてれば完了。

合成繊維などは高温で溶けてしまうのでむずかしいですが、ウールなどであればこれで元に戻せますよ。

ズボンはアイロンがけでピシッと決まる

ズボン


ズボンはよく履くものなので、できるだけキレイな状態で保っておきたいもの。せっかくのおしゃれ着もシワがあると見栄えがよくありません。

アイロンがけは素材チェックさえしておけば、大きな失敗はありません。慣れないうちは大変かもしれませんが、少しずつ服に合った温度がわかってきますよ。

ズボンにあわせたアイロンがけを覚えて、ピシっと整った状態で外出を楽しみましょう。