洗面所全体が臭うけど原因がわからない…と困っていませんか?出どころがわからないと、どう対処したらいいのか迷ってしまいますね。

今回は、そんな洗面所の臭いの原因と対処法をまとめてご紹介します。ある程度見当をつけて原因を見極めると解消するのもぐっと早く、ラクになりますよ。

洗面所が臭い原因は?

疑問 ギモン はてな ?

どこが臭いの原因か見当もつかない状態だと何から対処すればいいかわかりませんよね。

洗面所の臭いは、多くが配管や排水口などの水回りに問題があります。

部屋全体が臭いとどこが原因かわかりにくいので、まずは換気して臭いを薄め、排水口の近くや洗面台の下、配管などから臭っていないかチェックしましょう。

場所さえわかればあとはキレイに戻すだけ。次から紹介する方法で解消していきましょう。

洗面台の臭いを解消する3つの方法

洗面台の臭いは、主に排水口に汚れが残って、それをエサに雑菌が繁殖することで発生します。この雑菌をキレイにできれば、臭いがなくなりますよ。次の3つの方法で段階的に臭いを消していきましょう。

① パイプクリーナーで臭い菌を抑える

洗面台の排水口にパイプユニッシュをかける

排水口には髪の毛などのほか、化粧品や歯磨き粉など、さまざまな成分が流れ込んで汚れが溜まっています。これらをエサに雑菌が増え、ヌルヌルのもとになってしまいます。

まずはゴミ受けにたまった汚れを取り除いたら、『パイプユニッシュ』などのパイプクリーナーを使って洗浄しましょう。数分待って流すだけと作業はかんたん。臭いの原因が落とせる上に、つまりが解消されて流れもよくなりますよ。

② 水を流す

洗面所の排水溝 排水トラップ

パイプクリーナーで掃除したあとは、しっかり水ですすぎます。実はこのすすぎだけども効果があります。

配管のなかの「封水」と呼ばれる水が何かの拍子でなくなると、下水から臭いがそのまま上がってきてしまいます。水を流すことでまた封水ができ、臭いを抑えられるというわけです。

③ パテで洗面台下の穴を補修する

洗面台下の排水管 トラップ

排水口をキレイにして、水を流してもまだ臭いが残る場合は他の場所に原因があるかも。洗面台のシンク下スペースまで臭うなら、下水の臭いが漏れ出ている可能性があります。

これは汚れが原因ではないので、穴をふさぐ作業が必要。ホームセンターなどですき間を埋めるための「パテ」というアイテムを購入し、配管の根本(床との接地面)のすき間などに詰めれば完了。これでしばらく様子を見てみてください。

洗面所の臭いが洗面台以外の場合はどうする?

洗濯機の排水口

洗面台以外の場所が臭う、洗面台をキレイにしてしばらく換気してもまだ臭いが残る、という場合には別の原因が考えられます。

洗面所の水回りといえば「洗濯機」もあります。この洗濯機にも排水口が設置されていて、衣類の糸くずや洗剤の残りかすが汚れになって臭いを発することがあるんです。

洗濯機の排水口は目につかないし、狭く掃除しにくいので、ほとんど手入れをしないと思います。初めて掃除するという場合はかなりの汚れが溜まっていることもあるので注意しましょう。

基本的な掃除の手順は洗面台のときと同じ。大きめの汚れを取り除き、パイプクリーナーを流し込むだけ。もしこれでも解決しないようなら、プロの力を借りて原因を突き止めるしかありません。

洗面所の臭いを予防するには?

洗面台の排水口につまった髪の毛を取る

洗面所をキレイに掃除して、臭いがなくなったら、その状態をキープできるように汚れの予防をしたいですね。

快適な洗面所を保つには、こまめな掃除が何より大切です。

排水口のゴミ受けに汚れが溜まっていたらこまめに取り除く、1週間に1度はパイプクリーナーで汚れを落とすなど、定期的に掃除しましょう。

洗濯機の排水口は、フィルター掃除や洗濯槽の掃除のときにまとめるとラクですよ。

洗面所の臭いは「水回り」を重点的にキレイにしよう!

洗濯機 洗面所

臭いがしても、原因がわからないと掃除のしようがありませんね。

基本的に臭いが出る汚れは水を使う場所に多いものです。排水口を中心に目星をつけて原因を突き止めましょう。このコツを知っておくだけで掃除がぐっとラクになります。

一度キレイにしたらまた臭ってこないように定期的な掃除を忘れないでくださいね。