排水口のつまりに「ピーピースルーF」が効く!と聞いて興味をもっている人も多いのではないでしょうか。

どんな詰まりもスルッと流れるようになると人気が高まっている洗剤ですが、実は使い方によっては効かない場合があるんです。

そこで今回は、ピーピースルーが効かないケースや、効果的な使い方のコツについて紹介します。

「ピーピースルーF」はどんなときに効果的?

ピーピースルー

「ピーピースルーF」は、和協産業という会社が販売する排水口・排水管用洗剤です。レトロでかわいらしいパッケージですが、その効果は絶大で、ママの間で人気急上昇中なんですよ。

ピーピースルーが得意とするのは油汚れやヌメリ、髪の毛などの「排水口に集まる汚れ」です。

汚れを放置してドロドロになってしまったときや、油を流して詰まってしまったときなどは、ピーピースルーが1本あればスッキリ解消できますよ。

ピーピースルーFが効かないのはどんなとき?

ピーピースルーの注意書き

ピーピースルーは上で紹介した汚れなら軽々と分解できる力がありますが、実は向いていないトラブルもあります。

ボトルの注意書きにある通り「異物が詰まったとき」や「トイレの詰まり」には効果がありません。ピーピースルーが使えるかどうかをまず確認しておきましょう。

異物が詰まっているとき

お風呂 おもちゃ ネット

排水口の奥に異物が詰まっているときは、ピーピースルーといえども溶かすことはできません。

化粧品のフタや子供のおもちゃ、指輪などはうっかり流してしまうこともありますがピーピースルーでは効果がないと覚えておきましょう。

用途外の使い方をしているとき

トイレの詰まり

ピーピースルーは「トイレのつまり」には効果がありません

その理由は、トイレの詰まりはピーピースルーでは溶かせない種類の汚れだからです。しかも、水が多くて汚れまで洗剤が届かないので、十分に効果を発揮できません。

ピーピースルーFが効かないときは効果を高めて!

排水口の汚れに使っているけど、どうしても詰まりが取れない!という場合もあるかもしれませんね。

そんなときは、ピーピースルーの使い方を少し工夫すれば力を発揮するかもしれません。次の3つのコツを踏まえてやってみましょう。

量を増やす

適量のピーピースルー

つまりが取れないのは、投入するピーピースルーの量が少ないからかもしれません。

ピーピースルー1回分の規定量は150g。ボトル4分の1ほどで、計ってみると意外と多いことがわかります。

多く使っても問題はないのでざっくり4分の1ほど、ちょっと多いと感じるくらいにいれてみるといいかもしれません。

お湯で溶く

お風呂の湯気

ピーピースルーは「40〜50℃のお湯で溶く」ことを想定してつくられています。冷水では溶けにくく、洗剤がうまく働きません。

また、この温度のお湯に溶かすと泡が発生し、汚れを内側から浮かせて落とせるなど効果が高まります。溶けやすくするために、かならずお湯を使うようにしましょう。

ひと晩放置する

待つ 時間をかける 時計

排水口にピーピースルーを流し込んだら、ひと晩放置してピーピースルーをしみこませましょう。

時間をかけてゆっくり染み込ませることで、頑固な汚れもゆっくりと溶け出していきますよ。

もう一度試す

ピーピースルーで排水口掃除

一度試しても効果をあまり感じられなかった場合は、もう一度試してみるのがおすすめ。ゆるんだ汚れが2回めになって流れていくかもしれません。

まったく流れない場合でなければ、2回目もやってみてくださいね。

ピーピースルーFがどうしても効かないときは?

ピーピースルーを使っても排水口が流れないままのときは、別の方法を試すのがいいかもしれません。

ピーピースルーを使っても溶かせない汚れなので「異物を物理的に取り除く」方法がおすすめです。

ラバーカップで吸い上げる

ラバーカップ

トイレのつまりなどに使う「ラバーカップ」も排水口のつまり解消に使えます。

排水口に押し当て、ぐっと引き抜きましょう。コツは押し込むのではなく、詰まりを引き戻すこと。

ピーピースルーを使った後の場合は、飛び散らないようにビニールをかぶせてから取り掛かりましょう。

排水管を外して取り除く

排水管の掃除

ラバーカップがない場合は、排水管のS字になった部分を分解して異物を取り除く方法があります。

ゴム手袋をして排水管下にバケツを置き、ナットを外しましょう。外したパイプを軽くすすぎ、なかのゴミを取り除いて戻せば完了です。

ピーピースルーを使った後であれば、飛び散った汚水が肌につかないように十分注意して進めてくださいね。

覚えておきたい

エコなわざあり

ピーピースルーFが効かない場合、もっと強い洗剤はある?

家 はてな どこ ?

ピーピースルーFは市販品のなかでは最強ともいわれるほどの強い洗剤ですが、実はさらに効果が強い「ピーピースルーK」というプロ向け仕様の商品もあります。

「ピーピースルーK」はかなり強力な洗剤なので「劇物」に指定されています。購入には記名や捺印が必要な上、発熱・発泡作用が強く扱いにくいのも難点です。

おうちで扱うには危険がともなうので、ピーピースルーFが効かないときは専門業者に依頼すると考えておきましょう。

ピーピースルーが効かないときはプロに任せる

排水管の修理

「効果の高いピーピースルーがもし効かなかったら」と考えると、不安になってしまいますね。

いろんな方法を試しても、どうしても解決しない場合は「プロにまかせる」のがいいですよ。あれこれやりすぎて排水口や排水管を壊してしまったら大変なので、むずかしいとおもったら早めにプロに任せましょう。

業者なら専用の道具や洗剤をもっているので、困っていたつまりもあっという間に解消してくれますよ。