洗面所を通るたびに気になる洗濯機横の狭いスペース。何かモノを置けそうな気がするけど、何をどう置いていいかいまいちピンときませんね。このデッドスペースを活用すれば収納を増やせて洗面所をスッキリできます。

そこで今回は、活用しにくい洗濯機横の収納アイデアと、ラック(棚)を効率的に使えるような方法をご紹介します。

洗濯機の横の収納法は?

ランドリースペース

洗濯機の横にあいたスペースは直接何かモノを置いてもかまいません。ただ、高さをうまく活かしたいなら、横幅の狭いスリムラックを活用するのがおすすめです。

洗濯機と壁のあいだ、洗濯機と洗面台のあいだなど、メジャーで寸法をはかって、その幅にあうラックを探してみましょう。

洗濯機横の収納ラック(棚)を選ぶ基準は?

クエスチョン

洗濯機横の収納ラックはどうやって選べばいいのでしょうか?

特に重要なのは「横幅が問題なく入るかどうか」だけで、それ以外のポイントはそれぞれのおうちの環境よって変わります。

たとえば、15cmほどしかない細い隙間なら「取り出しやすさ」を意識して、引き出しがついたものか、キャスター付きのものを選ぶといいでしょう。反対に30cm以上隙間があれば、収納できるモノの種類も増えるので、バスタオルなど大きめのものも入る「口が大きなラック」などがおすすめです。

「横幅」を確認しつつ、おうちの環境を見て「何をしまうか」「使いやすさはどうか」というポイントで探してみてください。

洗濯機横の収納に使えるおすすめのラック(棚)は?

洗濯機の収納に使えるラックはたくさん販売されており、素材や大きさ、色はさまざまです。ここでは、少しタイプの違う商品をいくつかご紹介するので、どれがあいそうか参考にしてください。

『洗濯機サイドラック』(平安伸銅工業)

洗濯機横に置ける幅20cmのスリムなラックです。脚にはアジャスターがついているので、高さの調節が可能。白色で清潔感があるのも好印象です。

『すき間収納ラック』(山善)

180cmの高さを活かした収納ラックで、横幅も15・20・25cmとラインナップを用意しているのでスペースに応じて選べます。

『つみ重ね バスケット ワイド4段』(ノーブランド)

カゴを4段に重ねたキャスター付きの収納ラックです。幅35cmと少し広めなスペースが必要ですが、移動が楽ちんで、使わないときは1段にまとめられる優れもの。タオルなどもまとめて置けます。

『洗濯機横マグネット収納ラック』(山崎実業)

洗濯機にマグネットでくっつけられる、幅10cmの収納ラックです。洗剤や洗濯ネットなどを収納でき、バスマットを立てかけることもできますよ。

『頑丈 ラダー パーテーション』(川口工器)

床と天井で突っ張るタイプの収納ラックです。20cmの幅があれば取り付けられ、フックにカゴなどを引っかければ、これから洗う服や洗剤、ハンガーなどを入れられます。

洗濯機の横のラックにはどんなものが収納できる?

洗濯機とタオル

洗濯機横の収納スペースには、次のようなモノを置いておくと便利ですよ。

● 洗剤
● 洗剤などのストック
● ハンガーや洗濯バサミ
● 洗濯に使う吸水ホース
● 洗濯ネット
● お掃除シート
● 入浴剤
● シャンプーなどのストック
● ハンドタオル

洗濯機の横以外にも「洗濯機上」「洗面台下」「洗面台の鏡裏」などの収納が近くにあると思います。何をどこの収納にしまうのか振り分けながら、スペースを有効活用してあげてください。

洗濯機横の収納ラック(棚)の使いみちはアイデア次第!

キレイなランドリースペース

洗濯機横のスペースは収納に使える貴重な空間です。せっかく何かを置くなら、ラックで高さを活かした収納にすれば、幅が広がって何を収納しようか考えるのが楽しみになりますよ。ぜひ素敵な収納を考えてあげてくださいね。