トイレの床が水で濡れている…。水をこぼしたわけでもないのに水浸しになっていたら、何から手を付けるべきかわからず困ってしまいますね。

そこで今回は、トイレの床に水漏れが起きる原因や対処法をまとめてご紹介します。水漏れの危険があるときはできるだけ早く対処しましょう。

トイレの床の水漏れは直せる?

トイレ 疑問 はてな ?
トイレの床が濡れているに気づいたら、まずは「水の広がり具合」を確認してください。水の広がり方次第で原因が違ってくるので、それぞれにあわせて対応しましょう。

うっすら湿っているとき

便器周りを中心に湿っていたり、付け根がなんとなく濡れていたりといった場合は水漏れではないかもしれません。「結露」や「尿のこぼれ」が原因の可能性が高いので、まずはタオルなどで拭いて様子をみましょう。

水たまりができているとき

水たまりができるほどのときは便器自体が故障している可能性があります。ムリにおうちで修理せず、プロに任せるのがおすすめです。原因を特定する前にまずは漏れ出る水を止めるため、マイナスドライバーで止水栓を締めておきましょう。

トイレの床に水漏れする原因はどこ?

トイレの床まで水が漏れてくるときは大きくわけて3通りの場所が考えられます。

一つひとつ確認し、どこに原因があるかチェックしてみましょう。

タンクと便器の接続口

トイレタンクの水漏れ
止水栓を締めても水漏れが止まらず、タンクの下から水がたれている場合は、タンクと便器の接続がうまくいっていません

ずっと使っているトイレなら部品が劣化し、パッキンの力が弱まっている可能性があります。

この場合はタンクの下に取り付けられている部品の交換が必要です。

ウォシュレット

ウォシュレット掃除ボタン
ウォシュレットが古くなってくるとなかのタンクから温水が漏れ出てくるケースがあります。

簡単に掃除しても改善されない場合は、便座の故障の可能性大

この場合は電気部品の修理になるので、業者にお願いするしかありません。

便器と床の接続口

トイレの便器と床の間を拭く
便器は濡れていないのに床から水が漏れてくる場合は、便器と床の接続にトラブルが起こっています

この場合は一度便器を取り外し再度設置する必要があります。自分たちで対応するのはとても大変なのでプロに任せるのが安心です。

トイレの床への水漏れを止めるには?

トイレの修理
紹介した3つの原因のどれかに当てはまりそうだったら、専門の業者に修理を依頼するのがおすすめです。

まずはトイレのメーカーか、施工した工務店などに問い合わせてみましょう。

メーカーや工務店なら、純正の部品を持っている可能性があります。基本的には毎日修理依頼を受け付けているので、電話して症状を伝えてみましょう。

トイレの床への水漏れを修理する料金は?

お金 金額 予算
床に水たまりができる水漏れの場合、修理料金の目安は「1〜2万円」ほど

施工したメーカーや工務店なら、保証期間内の場合もあるので説明書や契約書を確認しておきましょう。

急ぎで一刻もはやく直したい!という場合は街の水道屋さんに依頼しても大丈夫。数時間ほどで来てくれるので、その日のうちに元通りに戻せますよ。

トイレの床は「水漏れ具合」を確認して修理を依頼しよう

トイレ
トイレの水漏れはおうちのトラブルのなかでも厄介なものの一つ。

水たまりになるようなら、おうちでの対処はかなりむずかしくなります。専用の道具や部品が必要なので、ムリせずプロに依頼してくださいね。

水漏れが直れば、元のトイレに戻ります。安心して使えるようになりますね。