夏になると子供のプールなどで洗濯の機会が増える水着。「どう洗うのがいいの?」「洗濯機で洗っていい?」と、扱い方に悩んでしまいますよね。

そこで今回は、水着の洗い方をくわしくご紹介します。気をつけるポイントもあるので、ぜひ確認してみてください。

水着はどうやって洗う?洗濯機で洗える?

洗濯表示 絵表示


そもそも「水着ってどうやって洗ったらいいんだろう?」と疑問に思う人もいるかもしれません。

そんなときは、まずは洗濯表示の確認から始めましょう。

「洗濯機で洗えるかな?」と思っているものでも、レースなど細かい刺繍がついた水着だと「手洗い」が必要なことがあります。後で「手洗いする場合」と「洗濯機で洗う場合」の両方の手順をご紹介するので確認してみてくださいね。

なんでも洗濯機で洗えるわけではないので、洗濯表示でどんな洗い方がいいのか見ることが、水着の洗濯の第一歩です。

水着の洗い方のポイントは?

タイマー 待つ 時間 時計


水着を洗うときのポイントは2つあります。それぞれ確認してみましょう。

洗濯前に汚れを軽く落としておく

もし水着に汚れやシミがついていれば、軽く落としてから洗濯するとキレイに仕上がりますよ。

シミは洗剤の原液をかけて下洗いしてください。海などで使って砂がついている場合は軽く叩くか引っ張るかして砂を落としましょう。

できるだけ早く洗濯する

持ち帰った水着はできるだけ早めに洗うのもポイントです。

海の塩分やプールの水に含まれる「塩素」は生地を傷めたり、色落ちさせることがあります。持ち帰ったら、まずは一度水道水で軽く洗い流しましょう。

水着の洗濯に用意するものは?

洗濯 粉末 液体 固形 洗剤


用意するもの
必須
『エマール』などのおしゃれ着洗剤
洗濯ネット
手洗いの場合
洗面器

水着の洗濯には『アタック』などのアルカリ性洗剤よりは、生地に負担のすくない『エマール』などのおしゃれ着用の中性洗剤を用意しましょう。水着は水に強いポリエステル素材を使っていることが多く、デリケートな素材なので「丁寧」を心がける必要がありますよ。

あとは「洗濯ネット」も必須です。洗濯槽とぶつかって生地が傷むのを防いでくれます。

水着の洗い方!手洗いのポイントは?

つけおき洗い 洗濯 洋服 桶


まずは手洗いの手順からご紹介します。準備をそろえたら次のステップで進めましょう。

洗浄液をつくる

洗面器に水を張り、水量に合わせて洗剤を入れる。

「押し洗い」か「ふり洗い」する

水着を洗浄液に入れ、押したり浮かせたりして洗う。

洗剤をすすいで脱水する

洗面器にキレイな水を張り直し、押し洗いの要領で衣類についた洗剤をすすぐ。

洗濯ネットに入れて脱水する

洗濯ネットに入れて洗濯機で15〜30秒ほど脱水すれば完了。

手洗いのポイントは「丁寧にやさしく」洗濯すること。ゴシゴシこすったり、強くつまむのはNGです。

最後に平干しネットで陰干しして乾かせば完了です。

水着の洗い方!洗濯機で洗う方法は?

洗濯機 掃除 


次に洗濯機で洗う時の手順です。生地の負担にならないよう、時間や回数を調整するのがポイントです。

洗濯ネットに入れる

水着を洗濯ネットに入れて、洗濯機に入れる。

洗濯する

洗濯機のドライコースや手洗いコースなど丁寧なモードで洗えば完了。

すすぎは1回にし、脱水時間もできるだけ短くなるようにしましょう。

乾燥機の使用はNGです。

ワンポイント

エコなわざあり

水着は洗濯の前から気をつけることがある

日陰

水着の素材に使われているポリエステルは水に強い半面、熱に弱いという性質があります。

熱にあたると伸びてしまうので、持ち運びするときも注意が必要。車のトランクなど熱がこもりやすい場所にいれずに、座席の周りに置いて温度管理するのがおすすめです。

水着を頻繁に購入して入れ替えないのであれば、ちょっとしたことからも気を使うと長持ちしますよ。

水着の洗い方をマスターしてキレイに洗濯しよう

水着


水着はポリエステルでできていることが多く、デリケートな素材なので「丁寧」を意識して洗うのがポイント。何も気にせず、いつも通り洗っているとすぐにダメになってしまうかもしれませんよ。

注意点に気をつけて、できるだけやさしく洗って長く着られるといいですね。