初めてのキャンプで使った寝袋、しまう前に洗ったほうがいいのかな?と、疑問に思っている人は多いのではないでしょうか。

アウトドア用品なので丈夫に作られてはいますが、長く使うためにはきちんと洗ってあげたほうがいいんですよ。

今回は、寝袋(シュラフ)の洗い方や洗うときの注意点、保管の仕方まで詳しくご紹介します。

寝袋(シュラフ)は洗濯するものなの?

寝袋
アウトドア用品は外で使うものなので、そもそも「洗う必要あるの?」と思う人もいるかもしれません。

でも、寝袋を使ったあとはその内側に汗や皮脂汚れがついています。汚れたまま使い続けると生地が傷む原因になり、寝袋の機能も落ちてしまうので、きちんと洗濯するようにしてください

洗濯することで、寝袋がふんわりとして保温性も復活しますよ。

寝袋を洗濯するタイミングは?

カレンダー 日付 頻度
頻繁にキャンプや登山をする人なら、30〜50回使ってから洗濯するくらいで構いません。頻繁に使わない人は、キャンプシーズンが終わって長期保管するタイミングで洗濯しましょう。年に1度が目安ですね。

食べ物や飲み物をこぼして寝袋に汚れがついたときなどにも、洗濯しておくと長く活用できますよ。

寝袋を洗濯するときの注意点は?

洗濯表示
寝袋の中綿の素材はいくつか種類がありますが、中綿の素材によって使う洗剤が変わるので、まず洗濯表示を確認しましょう。

大きく「化学繊維」か「ダウン」かの2つに分けられ、素材に「ダウン」と書いていなければ化学繊維が使われていると考えていいですよ。

洗剤の使い分けは、化学繊維であれば『エマール』などの「中性洗剤」を、ダウンには「ダウン用洗剤」を使います。中性洗剤は生地にやさしい洗剤で生地が傷むのを防いでくれますよ。

ダウン用の洗剤は持っていない人が多いと思うので、オススメのダウン用洗剤を一つ紹介しておきますね。

『ウエア洗剤 ダウンウォッシュ』

専用の洗剤を使えばふんわり仕上がるだけでなく、防臭効果も期待できますよ。

寝袋の洗濯!基本的な洗い方は?

お風呂の浴槽に水を張る
寝袋はデリケートな素材が使われているので、基本的には手洗いするのがベストです。

大きなものなので浴槽を使って手洗い・足洗いすれば、たいていの寝袋なら全体を洗えますよ。次の手順で洗ってみてくださいね。

ぬるま湯を張って洗剤を溶かす

寝袋が浸かるくらいのぬるま湯を張って、中性洗剤かダウン用洗剤を溶かす。

寝袋を浸す

寝袋のすべてのファスナーを閉めてから軽くたたんで浴槽に浸す。

手や足で押し洗いをする

手で軽くもみ洗いしたり、足でやさしく踏んだりする。

念入りにすすぐ

浴槽の栓を抜いて寝袋の残りの水分をしぼる。水がにごらなくなるまですすぐ。

バスタオルを使って水分をとる

しぼって脱水すると生地が傷むのでバスタオルを寝袋の上から押さえて水分をだす。

中綿がダウンであれば乾燥機にかける。

中綿がダウンの場合は寝袋のファスナーを開けて30℃以下の低温で7分程度乾燥機にかける。中綿が化学繊維の場合は乾燥機にかけずに陰干しする。

1週間程度陰干しをする。

寝袋の内側は乾きにくいので、1週間程度日陰で乾燥させる。

寝袋を丸洗いするポイントは、洗ったあとにしっかりと洗剤をすすいでから、完全に乾燥させることです。

洗剤残りや半乾きは寝袋の生地を傷めたり臭いのもとになったりするので注意してくださいね。

寝袋は洗濯機で洗濯していいの?クリーニングに出せる?

洗濯表示 水洗いの可否
寝袋は手洗いが基本ですが、中棉が化学繊維のものであれば洗濯機で洗えることがあります。洗濯表示に、上の画像のような「洗濯機で洗える」マークがあるか確認しましょう。

洗濯機での洗い方は、中綿の素材にあった洗剤を選んであとはほかの衣類と同じように洗濯するだけ。

柔軟剤や漂白剤が使えない寝袋が多いので、こちらに関しても洗濯表示や取扱説明書を確認してください。大きい寝袋はコインランドリーを活用するのもいいですね。

また、クリーニングに出すこともできます。化学繊維の場合、1,000〜2,500円、ダウンの場合、2000〜4,000円で、期間は1〜3週間ほどかかるので、使わないタイミングで出すのもいいですね。

覚えておきたい

エコなわざあり

寝袋を洗濯したあとはどう保管する?

寝袋 登山
寝袋は標準の収納袋に入れて保管すると、圧縮されるのでかさが低くなって保温性が弱くなったり湿気がたまったりします

ストレージバッグや巾着袋のような大きな袋に入れて保管すると、圧縮せずにふかふかの状態を維持して湿気も逃してくれますよ。

また、乾燥している場所に保管することも大切です。押入れにしまう場合は乾燥剤を入れるなどして湿気対策をすると、寝袋を傷めずに保管できますよ。

寝袋を洗濯して次のシーズンもキャンプを楽しもう

寝袋 テント
キャンプには欠かせないアイテムの寝袋。

一度使うと汚れてしまうのは仕方のないことですが、次回キャンプに行くときに気持ちよく使うためにも、シーズンオフの洗濯や保管の仕方が大切です。

中綿の素材に応じて洗剤を使い分けて、ふっくらと仕上げた寝袋でキャンプを楽しんでくださいね。