毎日の眠りに欠かせないパジャマ。おうちによって毎日洗ったり何日かに1度洗ったりと洗濯の頻度はさまざまで、実際のところどれくらい洗えばいいのか迷いますよね。

ここでは、暮らしにあわせたパジャマの洗濯頻度の考え方をご紹介します。おうちにあった方法を見極められれば、ムリなく洗濯できますよ。

パジャマは毎日洗濯すべき?

ピンチハンガー 洗濯

パジャマは基本的にお風呂に入ったあとに着るものなので、汚れることは少なく、毎日洗濯しなくても大丈夫です。

ただ、夏場は特に寝ている間にいっぱい汗をかき、放っておくと臭いが出てくる場合も。慣れてしまうと自分ではなかなか気づけないので、ペースを決めてこまめに洗濯するのが大切です。

おすすめの洗濯頻度は「週に2〜3回」ほど。これくらいならパジャマを清潔に保つことができますよ。

パジャマを洗濯するのはどんなとき?

パジャマ

基本は週に2〜3回の洗濯ですが、次のような場合は頻度を増やして洗濯しましょう。状況にあわせて頻度を調節できると、洗濯上手に近づけますよ。

汗をかきやすい時期の場合

梅雨〜夏の汗をかきやすい時期は、パジャマも汚れやすいものです。せっかくお風呂に入ったのにパジャマが汗臭いと台無しなので、1〜2日に1回ほどを目安にしてこまめに洗いましょう。

子供や旦那さんのパジャマの場合

旦那さんや、小さな子供は一年を通じて汗をよくかきます。汗っかきな人は週に2〜3回では足りないこともあるので、少しこまめに洗う必要があります。人によってことなるので、何度か試してみて、最低限の洗濯頻度を割り出してみましょう

パジャマの洗濯方法は?

ドラム式洗濯機 洗剤

おおよその洗濯頻度を確認したところで、この機会に洗濯のやり方もあらためてチェックしてみてください。

パジャマには汗がつきやすいので、多くの場合綿などの洗いやすい丈夫な素材が使われています。そのため、基本は標準コースで洗えば大丈夫です。

ただ、伸縮性の高いパジャマや長く着たいお気に入りのパジャマなら、ネットに入れて少しだけていねいに洗うのがおすすめ。シルクなどデリケートな生地のパジャマは手洗いで汚れを落とすと生地が傷みませんよ。

干すときは軽く振りさばいたり、はたいたりして生地に空気をふくませるのがコツ。そのまま干すよりも仕上がりがふわふわになりますよ。

パジャマの洗濯を忘れないコツは?

 ポイント コツ

毎日洗濯していないと「次はいつ洗濯だっけ…?」と忘れがちになりますね。

「汚れが気になったときに洗う」のももちろんですが、こまめに洗濯できるよう次のような決まりをつくっておくと、洗濯忘れを防げますよ。

パジャマを選択する曜日を決める

2〜3枚のパジャマを着まわしているなら「土曜にまとめて洗う」などと曜日を決めるのがおすすめ。家族の分までまとめて、パジャマだけで一回洗濯機を回せばムダがありません。

家族でローテーションしながら洗う

毎日洗濯機を回すおうちなら、1日ごとに洗うパジャマをローテーションする方法もあります。自分のを洗った次の日は子供のパジャマ、その次の日は旦那さんのパジャマ、などと週のなかで洗濯のローテーションを組ましょう。

パジャマの洗濯頻度は暮らしにあわせて決めよう

たたんだパジャマ

パジャマの洗濯は週に2〜3回くらいが一般的ですが、これはあくまで目安。暮らし方や季節にあわせて、気持ちよく着られる頻度に調節するのが大切です。

子供のパジャマは毎日洗濯する、などと家族にあわせて決めるのもいいですね。

キレイに洗いあがったパジャマなら肌ざわりがよく着ていて気持ちいいもの。ぐっすり快適に眠れますよ。