年に数回しか着ない礼服。着たあとはクリーニングに出したほうがよいとわかっていても、どうやってケアしてあげたらいいかわからないことも多いですよね。

そこで今回は、礼服はクリーニングに出すべきか、出したあとのケア方法などについてまとめて説明します。

礼服はクリーニングに出した方がいいの?

洗濯表示 水洗いの可否
礼服を着用したら毎回クリーニングに出すようにしましょう。

礼服の多くは、仕事着のスーツなどに比べてデリケートな素材が使われているので、気軽におうちで洗濯できるものではありません。しかも、1度着たら次に着るまで期間が空くので、汚れを残しておくとカビやシミのトラブルにつながります。

1日着用すると汗や皮脂汚れなどがついてしまうので、クリーニングに出すことでいざ着たいときに汚れていたなんていうトラブルもなくなりますよ。

ちなみに、水洗いができる礼服も販売されていますが、自宅で洗うときは型崩れなどに注意しましょう。自分で無理に洗うと生地を傷める恐れもあるので、心配なときはクリーニングに出したほうが安心です。

礼服をクリーニングに出すタイミングは?

疑問 クエスチョン ?
基本的に、礼服を1日着用したらクリーニングに出すのが一番です。

ただ、記念写真を撮るためだけに2〜3時間だけ袖を通したという場合や、冠婚葬祭行事が毎週立て続けにあってすぐに着用するというときは1回着たからといってクリーニングに出さなくてもOKですよ。

「汚れがついて長期間保管するようになる」前にはクリーニングに出したほうがよいと覚えておいてください。

礼服をクリーニングに出したらいつ戻る?

カレンダー 日付 頻度
礼服をクリーニングに出してから返ってくるまで、一般的に即日〜1週間かかります。

「ホワイト急便」などのチェーン店では午前中に出せば即日で仕上がることもありますが、礼服のクリーニングでは個別で加工を行うことが多いので、スーツのクリーニングより時間がかかることもあります。

クリーニングに出す前に、いつ仕上がるかを確認しておくと安心です。

礼服のクリーニングにかかる料金の相場は?

お金の計算
礼服クリーニングの料金の相場は、1500〜2500円くらいで、スーツに比べるとやや高くなります。

男性であれば、ジャケットとパンツをあわせて1700円ほど。女性であれば、ジャケットとワンピース(もしくはパンツ)をあわせて2000円ほどが目安です。

「リネット」や「せんたく便」などの宅配クリーニング店では、洋服の種類によって料金が決まるのではなく、「5点」や「10点」といったパック単位で料金が決まることが多いです。他の服と一緒に出して、パック料金をうまく使えば割安で礼服をクリーニングできますよ。

ワンポイント!

エコなわざあり

どうしてスーツと礼服のクリーニング料金は違うの?

クリーニング スーツ
礼服のクリーニングがスーツよりも高い理由は、高級品として扱われてデラックスコースで洗われることが多いからです。

礼服だけ他の服と分けてクリーニングしたり、抗菌、防カビ加工をオプションで追加されているため、スーツより1.5倍ほど高くなることも珍しくありません。

礼服をクリーニングに出して、長く着よう

スーツ ジャケット ハンガー 服
礼服は高級で大切な服なので、キレイな状態で長く着たいですよね。

長く着るにはクリーニングから返ってきたあとも、湿気の少ないところでたまには陰干ししたり、クローゼットの中の湿気を取り除いたりしましょう。

クリーニングはもちろん、お手入れもしっかりすることで、礼服を長く着れますよ。