「100cc(ml)って大さじでに換算するとどれくらいだろう?」

手元に計量スプーンしかないときに、レシピの分量がccやmlで表記されていると、どれくらい入れたらいいのか戸惑ってしまいますよね。

今回は100cc(ml)を大さじで換算すると何杯分になるのかを説明します。

100cc(ml)は大さじで換算すると何杯分?

計量スプーン 大さじ

大さじ1杯あたり15cc(ml)です。なので、100cc(ml)は大さじ6杯と3分の2杯分となります。

ちなみに、レシピの表記ではmlで記載されているものもあればccで記載されているものもありますね。混乱するかもしれませんが、どちらも同じく体積を表す単位で「1ml=1cc」と考えて問題ありません。

大さじを正しくはからないと100cc(ml)がズレる?

100cc(ml)が大さじで何杯分かわかっても、計量スプーンを正しく使えないと分量がズレてしまいますね。

大さじですくっても、山盛りだったり足りなかったりすれば分量が大きく違ってきます。はかり方を間違えないように、計量スプーンの正しい使い方をおさらいしましょう。

液体調味料をはかる

酒大さじ1 料理酒 はかり方

スプーンの縁いっぱいまで入れて表面張力で盛り上がった状態にして「大さじ1杯」とカウントします。ギリギリこぼれないくらいが目安です。

大さじ3分の1なら、スプーンの底からちょうど半分くらいの高さが目安。3分の2はスプーンのフチの高さから2mm下くらいを目安にしてください。

大さじ4分の1は、スプーンの底からフチまでの高さの半分より1mmくらい下で、4分の3ならスプーンのフチの高さから1mm下くらいになります。

粉末調味料をはかる

砂糖 大さじ すりきり

粉末をはかるときは、最初に大さじ1杯をはかります。「すりきり」してスプーンのフチの高さで平らにならした状態が大さじ1杯です。

そして、ヘラなどを使って真ん中から2等分し、それをもう一度半分にすれば4等分になります。いらない部分を払い落とせば、2分の1や3分の2、4分の3をはかれます。

100cc(ml)を大さじを使わず重さではかるには?

砂糖 大さじ アイキャッチ

100cc(ml)を大さじではかるには何杯も入れなければならず、分量が大きくズレる不安もありますよね。計量カップではかることができればいいですが、手元になければ調味料ごとの重さにあわせてキッチンスケールではかる方法もあります。

あらかじめ調味料ごとに100cc(ml)あたりの重さを覚えておけば、計算しやすくなりますよ。

液体調味料の重さ

● 水 100cc(ml)=100g
● 酒 100cc(ml)=100g
● 酢 100cc(ml)=100g
● 醤油 100cc(ml)=120g
● みりん 100cc(ml)=120g
● 油 100cc(ml)=80g

粉末状調味料の重さ

● 上白糖 100cc(ml)=60g
● グラニュー糖 100cc(ml)=80g
● あら塩 100cc(ml)=100g
● 食塩 100cc(ml)=120g
● 小麦粉 100cc(ml)=60g
● 片栗粉 100cc(ml)=60g

ペースト状調味料の重さ

● 味噌 100cc(ml)=120g
● バター 100cc(ml)=80g
● マヨネーズ 100cc(ml)=93.3g
● ケチャップ 100cc(ml)=100g

メーカーや製法によって同じ調味料でも重さが異なることがあり、量が多くなると誤差も生まれてくるため、こちらの表記は大まかな目安として考えてください。