フローリングを汚れにくくするには、ワックスをかけるのが一番。そうはいっても、ワックスをかけるなんて面倒…なんて思ってしまいますね。

でも、意外と手軽にできる方法があるんですよ。

今回はフローリングにワックスをかけたほうがいい理由と、簡単な塗り方についてご説明します。

ワックスがけをする必要性って?

フローリング床 無垢材

フローリングの床にワックスをかける作業はとても面倒なもの。どうしてする必要があるんだろう…?と思うかもしれません。

ワックスを塗ると次の効果が得られます。

● 汚れから保護する
● すべすべ、ピカピカで見栄えがよくなる

ワックスをかける大きな目的は「フローリングに薄い膜をはって、汚れや傷をつきにくくする」こと。ワックスがない状態でモノを落としたり、食べ物・飲み物をこぼしたり、何かを引きずったりすると簡単に傷ついてしまいます。

また、表面がすべすべで触り心地がよく、光沢がでるので部屋全体を明るく見せる効果もありますよ。

大体ワックスは5年に1回は古いワックスをはがしてから塗り直す必要があります。専用の剥離剤を使ってはがせるので、時期がきたらチャレンジしてくださいね。

ワックスがけは大変?簡単にできないの?

クエスチョン ?

「メリットはわかったけど、それでも大変…」と重い腰があがらない人は多いと思います。

実は簡単にワックスがけできる方法があって、『クイックルワイパー』などのペーパーモップにワックスシートをつけてこするだけの、お掃除感覚でできる方法があるんです。

ふだん掃除している感覚でワックスがけができるので、手間に感じません。ほかにも最近ではスプレータイプのワックスも販売されています。

「モップに液体をつけて塗り込んで…」といった面倒なイメージがあったかもしれませんが、この方法なら短時間で終えられますよ。

ワックスがけでの塗り方|クイックルワイパーで簡単キレイに

クイックルとフローリング床
必須
『クイックルワイパー』などのペーパーモップ
『クイックルワイパー』のワックスコートシート
掃除機
いらない布

ワックスシートを使った簡単なワックスがけの大まかな流れをご紹介します。

フローリングの上にあるモノをどかす

ワックスをまんべんなく塗るために、床においてあるものはすべてどかす。カーペットなども外しておく。

フローリングを掃除する

フローリングのゴミを取る。掃除機をかけた後に水拭きをして汚れを落とす。

ワックスをかける

フローリングが乾いたら、ペーパーモップにワックスコートシートをつけてすき間ができないようにまんべんなく塗る。

乾燥するのを待つ

早ければ10分程度で乾燥するので、乾燥したら床においていたモノを移し、次の部屋のワックスがけにうつる。

使用するワックスが液体やスプレータイプの場合は、塗り方や乾燥時間に違いがあるので、それぞれの注意書きをよく読んでから使いましょう。

ワックスをかけたあとは乾くまで足跡をつけないように注意してください。できれば部屋の一番奥からワックスをかけ始めて、出口に向けて進むといいですよ。

ワックスがけをキレイにするコツは?

リビング フローリング

ワックスがけをするうえで仕上がりをよくするために、ここでは3つのコツをご紹介します。

コツ①|天気がよい日にワックスがけする

フローリングのワックスがけは塗った後に乾燥させることがとても大切。天気がいいと早く乾燥し、手早く終わらせられます。窓を開けておくだけで乾燥するのが早まりますよ。

家の中で動きが取りにくくなるので、家族が出かけている、あるいは協力してもらえる日を選ぶと作業がスムーズにできますね。

コツ②|数日にわけてワックスがけする

掃除してワックスがけして乾燥させて…と意外と大変でササッと終わらせたくなることもあると思います。

そんなときは、1日で全部を終わらせようとせず、何日かにわけるのも手です。「今日はこの範囲」と終わりが見えて気持ちがラクになりますよ。

コツ③|ワックスを2度塗りする

よりキレイに仕上げたい人は、同じところにワックスを2度塗りするのがおすすめです。また、乾燥時間も少し長めに取りましょう。

1度塗ったら表記の時間よりも少し長めに乾かして、もう1度かぶせて塗ることでコーティングが厚くなり、ツヤがでてキレイに仕上がりますよ。

ワックスがけを簡単にするおすすめシート3選

シートタイプのワックスはさまざまな種類があります。ここでいくつかご紹介するので参考にしてみてくださいね。

『クイックルワイパー ワックスコートシート』(花王)

床掃除で使っているおうちも多い『クイックルワイパー』には、ワックスの効果を持たせたシートもあります。立ったままサッとワックスがけができる上、乾燥時間も10分ほどと短いのが特徴です。

『オールワックスシート』(リンレイ)

1枚のシートで6畳分のワックスがけができ、10分乾燥させれば4か月間フローリングがピカピカの状態に。特許を取得した特殊なシートで、ムラなく塗れるので初めての人でも簡単です。

『AURO フローリングワックスシート』(アウロ)

素肌に触れるフローリングはできるだけ天然素材のワックスでキレイにしたい!と思うママにおすすめなのが『アウロ』のワックスシートです。自然由来の成分が使われていて、どんな木材のフローリングにも相性がいいのが特徴です。

ワックスがけのアイテムがないとき!お米のとぎ汁が代わりになる?

お米のとぎ汁

お米のとぎ汁がワックス代わりになるって、知っていますか?お米から出る脂分がワックス効果を発揮して、汚れをつきにくくし、ツヤを取り戻してくれます。

とぎ汁で雑巾を絞り、フローリングを木目にそって拭いていくだけなので簡単で、徐々にツヤが出てきます。

雑巾が汚れたら流水で汚れを落としてから、再度とぎ汁をつけて絞って拭きましょう。

ワックス効果を高めるためにも、とぎ汁はお米をといだときに最初に出る一番色が濃いものを使うのがポイントです。

ワックスがけは普段の掃除と合わせてやってみよう

オリジナル フローリング掃除のペーパーモップ

ワックスがけは普段の掃除に比べると手間がかかるものですが、普段からフローリングの掃除をこまめにしておくと、いざワックスがけをするときの時間を短縮できます。

ぜひ普段のフローリング掃除をしながら、半年に1回くらいのペースでワックスがけをしてあげましょう。