「家の中がいつもゴチャゴチャしている…」「片付けをしてもすぐに散らかってしまう…」と、収納についての悩みはつきませんね。そんな悩みもちょっとした基本のポイントをおさえれば解決できるかもしれませんよ。

ここではおうちをきれいに片付けられるように、収納のコツをご紹介します。

収納のコツとは?

プロセス スタート ゴール


おうちが散らかるのには、多くのママが悩まされますね。これは、そもそも「収納するモノが多すぎる」か「収納場所が定まっていない」ことが原因と考えられます。

解消するためには、「① 整理」「② 定位置決め」「③ 収納」のステップを理解する必要があります。

基本となる3ステップをマスターすれば、おうちの中がスッキリと整理できます。毎日の片付けにも手がかからなくなりますよ。

【収納のコツ①】整理は何をすればいい?

書類の整理


整理とは、不要なものを取り除くことを指します。モノを減らせば、その分収納にゆとりが持てるというわけです。まずはここからスタートです。

整理の手順は「① モノを出す」「② 要不要の判断をする」「③ 処分する」の3段階です。それぞれ詳しく見てみましょう。

① モノを出す

面倒に思えるかもしれませんが、まずは棚や引き出しにあるモノをすべて出しましょう。どんなモノをもっているか把握することから始めます。

どんなものが今収納されているのか、つい衝動買いしてしまうのはどんなアイテムなのかを知れますよ。結局使わなくなるモノの傾向がわかれば買い物のときにも役立ち、節約につながりますね。

② 要不要の判断をする

大切なのがこの「要不要の判断」。出したアイテム1つ1つを残すかどうかを決めていきます。モノが多いなら、「捨てるものを決める」というよりも「残すものを決める」と考えると気がラクになりますよ。

「一年以上使っていないアイテム」「傷や汚れのあるもの」「気に入っていないもの」と、あらかじめ基準を作ってサクサク決めていくことがポイントです。

③ 処分する

不要と判断したものを処分しましょう。捨てるのに迷ったら一旦脇によけるだけでもOK。ゴミ袋などに入れておき、なくても生活できることを確かめてからの処分でかまいません。

買取サービスなども存分に活用し、効率的に減らしていくことが大切です。徹底的に減らせると達成感も大きく気持ちがいいですよ。

【収納のコツ②】定位置を決めるポイントは?

定位置 収納場所


収納するものを絞りきったら、次に収納する場所を決めていきます。

ポイントは、「使うものを使う場所に」を基本として進めること。ほしいときにすぐに取り出せて、いつでも戻せるという環境にしておくと散らかりにくいおうちになります。

たとえば、今まで本棚にタブレットを収納していたけど、普段はリビングのソファでくつろぎながら使っているという場合は、ソファの周りに収納場所をつくりましょう。

動作の流れを遮らないような収納にすることが②のステップのポイントです。

【収納のコツ③】収納法はどう決めたらいい?

化粧品 引き出し


収納場所を決めたら、最後に収納の方法を決めます。その辺にポイポイと置いてしまう癖が正せるように、出し入れをしやすくということを意識して収納を決めていきます。

どんな収納方法の種類があるのかここで確認してみましょう。

吊るす収納

収納量を手っ取り早く増やせる方法が、吊るす収納です。S字フックや壁に取り付けるフックを用意すれば、これまでデッドスペースになっていた空中のスペースを収納に活用できます。

脱いだ上着を掛ける場所にしたり、よく使う小物をかけておいてもいいですね。

箱入れ収納

化粧品や文房具など、おうちの中ではこまごまとしたアイテムがいっぱい。

小物の収納は箱に入れてまとめるのがおすすめです。文房具ならペン、のり、鉛筆などジャンルごとに分けて収納するとわかりやすくなります。

棚や引き出しに立てる収納

棚など高さがある収納スペースは、平積みにすると下のアイテムが取り出しにくく、片付けるのが面倒になってしまいます。モノを「立てる収納」にするのがおすすめですよ。

特にクローゼットの衣類は自立するくらいにコンパクトにたたんだら、引き出しに立てて収納するとゴチャゴチャしません。収納はブックエンドなどの100均グッズを活用するだけとかんたんです。

ワンポイント!

エコなわざあり

収納をおしゃれに見せるコツは?

バスケット カゴ おしゃれ

インテリアにもこだわりたいなら、スッキリ収める方法はもちろん、おしゃれに収納するコツも知りたいものですね。

おしゃれな収納にするには「色をそろえる」「収納アイテムを統一する」という方法がシンプルで手軽に取り入れられます。

棚入れに使う収納ケースは同じもの、かつ、同系色のアイテムでそろえると部屋全体で一体感が生まれます。

インテリアにもよいスッキリとした収納になりますよ。

収納のコツは基本から!整理と定位置収納でスッキリが続く

本棚 ソファ リビング


部屋は片付けても片付けてもすぐに散らかってしまうもの。元通りにするのはいつもストレスがたまりますよね。

収納のコツは、「整理」「定位置」「収納」の3ステップで考えましょう。必要に応じて収納棚などを購入するのも検討してみてください。

定位置が決まっていれば、家族全員が戻す場所を理解して、自然と散らかりにくくなりますよ。