強い日差しを避けるためサングラスをもっている人は多いと思います。いくつも持っていると、かさばるものの雑に扱うと壊れそうで「どうやって収納したらいいの…」と悩んでいるのではないでしょうか?

今回はサングラスの収納方法と、使い勝手をよくするアイデアをいくつかご紹介します。

サングラスの収納は「定位置」を決める

ひらめきイメージ
サングラスは買ったときについていたケースに入れっぱなしの人もいるかもしれませんが、それだと管理が別々になってしまうので、どこに置いたか覚えていないなんてことも。

そこで、サングラスはまず置き場所を決めてあげます。

サングラスはここに置くと決めてあげれば、どこにいったかわからなくなるなんてことはなくなりますよ。

置き場所は必要なときに手を伸ばしやすいところがいいので、サングラスなら玄関などにおくと便利です。

サングラスを収納する方法は?

定位置を決めら、あとはどうスッキリ収納するかを考えます。

買ったときのケースのままだと大きさや柄がバラバラで統一感がなくなってかわいくありませんよね。そこで、ケースから出して「置く・かける・入れる」の3つの収納方法をご紹介します。

① サングラスを「置く」収納法

並べられたメガネ
仕事用や外出用など、よく身につけるサングラスにオススメなのが「置く」収納。

身支度で手の届きやすい棚の上などに定位置をつくると便利です。トレイなどを敷き、置き場所をつくってあげましょう。トレイの収納はしまいやすく、取り出しやすいので片付ける習慣にしやすいです。

腕時計やネックレスなどよく身につけるアイテムを一緒にしておくとより機能的です。

② サングラスを「かける」収納法

吊るされたメガネ
サングラスをたくさん使い分けているなら、収納量の大きい「かける」収納もおすすめ。

手持ちのサングラスを見せる収納でもあるのでインテリアとしてもぴったり。フレームが引っかかる場所があればどこでもできるので、飾り方はアイデア次第です。

③ お気に入りのサングラスを「入れる」収納法

箱に入ったメガネ
頻繁には使わないけどお気に入りのコレクションがある場合は、まとめてケースに入れて収納する手もあります。最近では天板が透明になっているものなどオシャレに飾れるケースもいっぱい販売されています。

ケースを用意して、お気に入りのサングラスをキレイに収納してあげましょう。

サングラスを収納するアイデアは?

サングラスの収納はオシャレで機能的に飾れるアイデアがいっぱい。特にかける収納は、緑を添えたり、エイジングしたりとアレンジの幅が広く、個性を出しやすいですよ。

ケーブルフックと麻ヒモで落ち着いた雰囲気の収納

両面テープのついたケーブルフックを壁にふたつ取り付けて麻ヒモでつなげば、フレームをかけられる即席収納場所の完成です。

壁に傷を残したくないときは、コルクボードに画びょうを刺すのもOK。雰囲気いっぱいのかける収納ができそうですね。

ワイヤーネットでシンプルに見せる収納

壁にワイヤーネットを吊るすだけでもかける収納ができます。網目が多いので、いくつでもサングラスをかけられ、他にもフックをかければ鍵置き場、アクセサリー収納としても使えます。

IKEAなどで売られている、特徴的な形のネクタイハンガーにかけて収納する方法もありますよ。

サングラスの収納グッズのおすすめは?

忙しくて収納を考える時間がうまく取れないときは、便利なアイテムに頼るのも1つです。

『メガネホルダー3連』(DULTON)

普段使いのサングラスを3つまで置いておけるメガネホルダーです。鼻のデザインがかわいらしいと人気で、インテリアのアクセントにもなります。

『ジュエリー ラック』(Dewel)

毎日のように身につけるアクセサリー類と一緒に収納する場合は、ツリーデザインのジュエリースタンドがぴったり。

ツリーの枝の部分にアクセサリーを引っ掛け、下部のトレイスペースには腕時計やペン類なども置けます。旦那さん用の装飾品置き場にも良さそうです。

『メガネ サングラス ケース ディスプレイ』(LEO )

サングラスなどをまとめて8本収納できるコレクションケースです。天板が透明なので、どんなサングラスが入っているのかひと目でわかります。

サングラスの収納はひと工夫でオシャレに

メガネとメモ
サングラスはデリケートなので収納についつい困ってしまいます。でも、スタイリッシュなアイテムでもあるので、見せる収納にするとインテリアに早変わり!

よく使うものは身につけやすい場所に置き、あまり使わないコレクションはかける収納で飾っておけるとスッキリ収まりそうですね。

サングラスのちょっとした収納アイデアで、おうちをオシャレに飾れると日々のくらしがはなやぎますよ。