部屋の脇や廊下などにいつも出しっぱなしになっている座布団。使った後そのままだと、散らかって見えますね。かといって収納するのも面倒…と片付けのたびに思っていませんか?

今回は、座布団のちょっとした収納から長期的な収納まで、どんな収納グッズがあるかもまじえてご紹介します。

座布団収納の基本は「積む」

座布団 クッション リビング
座布団は普段くつろぐときにリビングで使うものと、来客用でたまにしか使わないものの2種類がありますね。

どちらも基本的には同じ「積む」収納をします。

違いは使う頻度だけなので、それぞれ収納場所を分けておくと使い勝手がよくなります。

普段使いの座布団の収納場所はどこ?

座布団 床 リビング
毎日のように使う座布団は、使い勝手がいいように手に取りやすい場所に置きます。

リビングで使うなら、隅のジャマにならない場所やソファの脇などに積むのがおすすめ。

座布団専用の大きめのカゴなどを用意して定位置をつくると見栄えもそれほど悪くありません。

指定席をつくっておくと散らかりがちなリビングもスッキリと見せられますね。

来客用の座布団の収納法は?

座布団 床 和室
来客用の普段は使わない座布団は、押入れやクローゼットに積んで収納しましょう。

押入れの下段か上部の天袋と呼ばれる場所に収納するとジャマになりません。来客用の布団を収納しているなら、まとめておくと覚えやすくなります。

長期間使わないと押し入れのなかでホコリが積もっていきます。大切な座布団をキレイに守るなら市販の収納袋やケースを使ってみるのがいいですよ。

座布団の収納にオススメの袋やケースは?

長期間収納しておく座布団をホコリなどの汚れから守るため、さまざまな収納袋が販売されています。ここでは、普段使いの座布団の収納にも使えるケースと合わせてご紹介します。

『座布団 収納ケース』(アストロ)

大きく開くファスナーで出し入れしやすい収納ケースです。中窓付きで何が入っているかひと目で分かるのがうれしいですね。座布団だけでなくシーズンオフの衣類やタオルの収納にもぴったり。

『フレンチリネン収納カバー』(ベルメゾン)

衣類や寝具を入れておけばクッションになる収納カバー。座布団をまとめていれておけば、クッションのように使えながら、必要なときにはすぐに取り出せて便利。お部屋のなかでもインテリアとして邪魔になりません。

『フタ 付き かご 収納 バスケット (レース) 縦長 長方形 Lサイズ』(メルカド)

リビングにおいてもインテリアになじむ、大きなバスケットです。フタ付きで中身を隠せるので、座布団を入れればキレイにおさまります。

『オートロックバルブ式 マチ付 座ぶとん圧縮パック』(東和産業)

1パックで厚手の座布団5枚を圧縮できる袋です。長期保存する場合や狭い押入れにはとても便利。空気を抜くのも掃除機ノズルを当てるだけと作業がかんたんです。

おぼえておきたい

エコなわざあり

座布団のお手入れの仕方は?

洗濯 洗剤 手洗い おけ 服
長年使っている座布団で気になる汚れがあると、「洗濯できるっけ?」と迷ってしまいますね。

座布団は、中綿がポリエステルなどの化学繊維のものなら洗濯機で洗っても大丈夫。それ以外の綿がつめてあるものはお湯をためた浴槽などで手洗いしましょう。

洗うときには中綿が片側に寄らないように気をつけてくださいね。

干すときは平らに置き、日に当てて十分に乾かします。中綿がしっかり乾くまでには時間がかかるのでよく晴れた日の朝などに行えるといいですね。

座布団を使いやすくスッキリ収納しよう

リビングルーム
普段の暮らしで使う座布団は、生活感が出やすいので収納に困るもの。掃除のときにもジャマになるので、置き場をつくってあげてください。

来客用の座布団も、押し入れなどの収納スペースにまとめて入れておければおうちがスッキリします。定位置を決めた収納で、片付けがもっと楽になりますよ。