女性らしいコーディネートに欠かせない「スカート」。身につけるだけでなんだか気分も上がりますよね。いろいろなタイプのスカートをもっている人も多いとおもいますが、そうなると困るのが収納の仕方。

変に収納したらシワになってしまいそう…と悩んでいる人も多いと思います。そこで今回はスカートをきれいに収納する方法についてハンガーに吊るす方法やたたみ方などをご紹介します。

スカートはハンガーに吊るす収納が基本

スカートハンガー
スカートはデリケートな素材でシワができやすいものが多いので、基本的にハンガーに吊るして収納してください。

ハンガーに吊るすと重力で生地が伸びるので細かなシワがなくなりますよ。

普通のハンガーにウエスト部分をひっかけて吊るせますが、それだと型崩れを起こす可能性も。キレイな状態で収納するなら、ピンチタイプのハンガーを使うことをおすすめします。

ピンチが強くてあとがつくのが心配なら、ハギレなどをあて布にしてあげるといいですよ。

スカートの収納は「色別」か「丈別」で見つけやすく並べる

スカートハンガーの収納
スカートをハンガーに吊るしたらクローゼットなどのハンガーラックに並べるだけです。このとき、丈の長さ順で並べたり、色別に並べたりすると探すのがラクになりますよ。

クローゼットを開けたときに長さがそろっている、グラデーションで並んでいると見た目にもキレイなので、コーディネート選びも楽しくなりますね。

スカート収納におすすめのハンガーは?

ピンチハンガーの種類
スカートはハンガーに吊るしたほうがいいのですが、かさばって収納スペースが足りなくなるかもしれません。

そんなときは収納スペースをコンパクトにしてくれるスカート用ハンガーを使ってみては?いろいろなタイプのものが市販されています。

『マワハンガー スカート用』(マワ)

シンプルデザインが魅力的なのがドイツ生まれのマワハンガー。薄いのでたくさん吊るしても場所をとりません。

ピンチ部分は特殊コーティングされた素材が使われていてずり落ちにくく、跡もつきにくいのが特徴です。マワハンガーにはスカート用以外のハンガーも豊富なのでクローゼットのなかをスッキリさせてくれます。

『スカートハンガー』(ID MAX)

ハンガーを連結させて1つのスペースでたくさんのスカートを吊るせるようにしたアイテム。縦に長くはなりますが横幅を取らず、収納スペースを増やせます。

『ボトムクリッパー』(シンコハンガー)

ボトムクリッパーは小さいながらスカートなどをしっかりと留められます。フックが付いていてそこに連結させられるので、狭いスペースでもたくさん収納できますよ。

収納のコツ

エコなわざあり

スカートの収納は、干してからしまうまでハンガーを使うとラク?

洗濯物を干す様子
洗濯物を干す用のハンガーを外して、クローゼットのハンガーにかけなおす作業って面倒ですよね。

スカートはハンガーに吊るして干すものなので、取り込んでそのままハンガーラックにかけられたら収納の手間がグンと減りますね。

取り込んだあと洗濯物の山に紛れるとシワがついてしまうので、ハンガーを外さずに収納したほうがスカートを長持ちさせる上でもメリットがあります。

干す用のハンガーと収納用のハンガーを兼用するだけでも日々の家事がだいぶラクになりますよ。

スカートを引き出しに収納するには?

整った引き出し
スカートはクローゼットに吊るしたいのはヤマヤマだけど、ハンガースペースはすでにアウターやシャツなどでいっぱい!ということもありますね。

その場合は、引き出しや棚にたたんで収納しましょう。たたみ方次第でシワがつきにくくなります

長方形の形にしてたたんであげるのが基本です。次の手順でチャレンジしてみてください。

タテ半分に折る

広げてシワを伸ばしてから、真ん中からタテ半分に折る

裾の広がった部分を折る

裾の広がった部分を内側に折って縦長の長方形にする

数回折ってコンパクトに

長方形を横に何度か折ってコンパクトにすれば完成

②で長方形をつくったあと、クルクルと丸める方法もあります。

プリーツスカートなどの型くずれしやすいものを、どうしてもたたんで収納しなければならないときは、大きなタオルの上にスカートを自然な形で広げ、タオルごとゆるめにくるくると巻く方法だとシワが残りませんよ。

あとは、引き出しやカゴのなかに立てて並べて入れましょう。これなら柄がひと目でわかるので取り出すのも簡単です。

スカートの収納を一工夫してクローゼットを快適に

クローゼットの収納
スカートは素材や収納スペース次第で、吊るして収納するのかたたんで収納するかをわけて考えてください。

状況はおうちによって違うので、自分が使いやすいように収納できるといいですね。

クローゼットのなかをキレイにして、スカートを取り出しやすくできると、毎日のコーディネートはもっと楽しくなりますよ。