ブラジャーを引き出しのなかにどうやってしまっていますか?かさばるからコンパクトにしたいとは思いつつも、たたんだら型くずれしそうだし…と悩んでいるのではないでしょうか。

そこで今回はかさばるブラジャーの正しいたたみ方について、ノンワイヤーやパッド付きでは違うのかなど、まとめてご紹介します。

ブラジャーにはたためるものとたためないものがある?

ブラジャー 下着

そもそもすべてのブラジャーがたためるわけではなく、たためるものとたたんではいけないものがあります。

それを見分ける基準は「ワイヤーがはいっているかどうか」です。

バストを支えるワイヤーが入っているとたたんだときにワイヤー自体をゆがめてしまう危険があり、ワイヤーがゆがむとバストの形に悪影響を与えてしまう可能性が出てきます。

そのため、ワイヤーが入ってないブラジャーだけをたたむようにして、ワイヤー入りのブラジャーは極力たたまずにしまいましょう。

ブラジャーのたたみ方は?


では、ワイヤーが入っていないブラジャーのたたみ方をご説明します。正しいたたみ方を覚えて、コンパクトにして収納してあげましょう。

オリジナル ブラジャー たたみ方

裏返しに置き、ホックを留める

ほかの下着に引っかかることがあるのでホックは留める。

カップが重なるように真ん中で折る

ホックや肩紐が内側に入るように、真ん中で折って重ねる。

カップにホックや肩ひもを重ねる

ホックや肩紐の部分をカップにおさまるように折って入れる。

カップの形を整え、収納する。

片方のカップを押し込んで形を整えれば完了。

引き出しに収納するときは、アンダーの部分を下にして立てて並べればOKです。これで探しやすくなり、取り出すのも簡単になりますよ。

ワイヤー入りブラジャーのたたみ方は?


ワイヤー入りのブラジャーは、ノンワイヤーのブラジャーのようにたたむのはおすすめできません

そのため引き出しにしまうときは、かさばりますが、ホックや肩紐だけをカップに入れ、真ん中でおらないまま表向きにして重ねていきます。

ゆったりとスペースをとり、少しずつずらして並べてあげるのが型崩れを防ぐポイントです。

たたみ方をかえたブラジャーはどうやってケースに入れる?

ブラジャーをたたんで引き出しに入れる場合に気をつけたいのが型崩れ。つめこみすぎてつぶれると、形が悪くなってしまうこともあります。

次のポイントをおさえてケースに入れてあげましょう。

仕切りをつくる

下着の収納

引き出しの一つの段に下着類をまとめて入れるときは、ショーツやストッキングなどと混ざらないように仕切りをつくります。

ブックスタンドを置いたり、最初から小さく仕切られた入れ物を使ったりするなど、たたんだブラジャーがおさまる程度の仕切りを用意してくださいね。

ゆとりをもたせる

下着 ブラジャー

ブラジャーは複雑な形をしていてデリケートなものなので、詰め込みすぎは禁物。スペースがあるからと重ねていると、型崩れの原因になリます。

一段に入りきらなかったら、下着用の引き出しを増やすなどして、ゆとりをもたせて収納してくださいね。

覚えておきたい

エコなわざあり

パッド付きブラジャーのたたみ方は要注意

ブラジャーの洗い方

パッド入りのブラジャーは、たたむときにパッドを取り外してください

パッドは水分を吸い込みやすく、洗濯後に乾いたと思っても水気が残っていることがあります。もしこのままでたたんでしまうと、パッドのなかでカビが繁殖してブラジャーを傷める原因になることもあるんですよ。

たたむ前にパッドを取り外すか、それが面倒ならしっかりと乾いたのを確認してからたたんでしまうようにしてくださいね。

ブラジャーの正しいたたみ方を実践しよう

クローゼット

これまではブラジャーを適当にたたんでいた人も、今日からは正しいたたみ方を実践してみてください。

ノンワイヤーブラジャーをコンパクトにして、ワイヤー入りブラジャーをゆったり入れておけるスペースを確保しましょう。

下着類がキレイに収納されていると、着替えるときにも心なしかシャキッとするものです。毎日を気持ちよく過ごしていけるように、自分なりの収納法を始めましょう。