突然の雨で、お気に入りの靴が濡れてがっかりした経験はありませんか?

そんなことがないように、防水スプレーをかけておけば、濡れにくいのはもちろん、色落ちや汚れからも靴を守ってくれるんですよ。

今回は、お気に入りの靴を長く愛用するための防水スプレーを紹介します。

靴の防水スプレーに種類はある?

防水 防水スプレー
靴の防水スプレーには主原料によって「フッ素系」「シリコン系」の2種類に分かれます。

フッ素系

細かい繊維の1本1本に付着してコーティングするフッ素系。防水・防汚効果が高く、通気性を損なわないので、ムレる心配はありません。さらに、靴がもつ風合いをそのまま保つことができますよ。

持続力が短いため、こまめにスプレーすることが大切です。

シリコン系

シリコン系は靴の表面全体を覆って、繊維の隙間を埋めて水から守ります。撥水効果は高く、持続力も長いのが特徴です。

ただ、湿気が逃げにくくなるので、靴内がムレやすくなります。革は呼吸をしているので、通気性を失うと劣化する恐れがあるので注意が必要です。

防水スプレーの選び方

防水 水滴 防水スプレー 革靴
上記で紹介した「フッ素系」「シリコン系」の防水スプレーには、それぞれ適した靴の素材があります。

素材別におすすめを紹介するので、参考にしてくださいね。

革/スエード/ヌバック

一般的に革の風合いを保ちながら、通気性も確保するフッ素系スプレーが適しています。革の種類によっては変色する場合もあるので、目立たない場所で試したり、口コミをチェックするなどして確認してくださいね。

運動靴/スニーカー

通気性が重要な運動靴やスニーカーも、フッ素系が最適です。汚れが目立ちやすいので、防汚もできる点でもおすすめです。

雨靴/レインブーツ

通気性が必要ない雨靴やレインブーツは、シリコン系がぴったり。撥水効果が上がるので積極的に使いたいですね。

特殊な革を使った靴

ハラコやファー、シープスキンなどさまざまな革を使った靴が、多く見られるようになりました。

特殊な革それぞれの風合いを保護する専用の防水スプレーを必ず使いましょう

靴の防水スプレーの使い方

スプレー
定期的に靴に防水スプレーをかけることで、汚れもつきにくくなり、靴が長持ちします。以下の使い方を参考にスプレーしてみてくださいね。

使う前の準備

防水スプレーを使用する際は、使用上の注意を必ず読んでから行いましょう。

大切なのは換気状態です。屋外がベストで、室内なら換気が十分な場所で行いましょう。また、防水スプレーを吸い込んだり目に入ったりしないよう、注意してくださいね。

防水スプレーの使い方

ホコリや汚れを落とす

靴に付いた汚れやホコリをブラシや布を使って落とす。汚れがガンコな場合は専用クリーナーを使う。

インソールをカバーする

防水スプレーがインソールにかかってしまうと、汗を吸わなくなってムレの原因に。新聞紙などを丸めてインソールに入れて、カバーする。

靴から離してスプレーする

靴にまんべんなくスプレーがかかるよう、離してスプレーするのがポイント。靴ひも部分やステッチなどにも行き渡るよう、ムラなくスプレーするよう意識する。

乾燥させる

靴の表面がしっとりするまでスプレーしたら、乾燥させる。

もう一度防水スプレーをかける

3、4をもう一度繰り返せば完了。

さまざまな素材の靴に使える防水スプレー

1.『アメダス 2000』(コロンブス)

アメダス2000

出典:http://www.columbus.co.jp/

フッ素樹脂が通気性を保ったまま、防水・撥油・防汚効果を発揮するアメダス2000。ツヤのある革、起毛革などのレザー、布や人工皮革に使用可能です。残ったガスを排出するガス抜き機構が付いて安全にゴミ捨てできますよ。

口コミ

・靴はもちろん、傘やバッグまでかけて雨に強い持ちものが増えました。
・新品のスニーカーにスプレーして、今までと比較すると汚れにくいのを実感しました。
税込価格
1,710円
容量
420ml

2.『レペルスプレー』(ジェイソンマーク)

レペル スプレー

出典: 楽天

アメリカ発のスニーカーケアブランドのジェイソンマーク。スエード、ヌバック、レザー、ナイロン、キャンバスなど、あらゆる素材に対応した防水スプレーです。ミストタイプで、化学薬品をなるべく使用しない安全性の高いアイテムです。

口コミ
・スプレーの霧が細かくて、まんべんなくかけられました。

・無臭で、しっかり汚れと水をはじきます。
税込価格
2,160円
容量
159.7ml

3.『スニーカー 防水スプレー』(マーキープレイヤー)

スニーカー 防水スプレー

出典:楽天

マーキープレイヤーは、日本生まれのスニーカーケアブランド。キャンバスや合成合皮、天然革などスニーカーに使われる、さまざまな素材に対応したフッ素系防水スプレーです。大容量だからこまめにケアするにはもってこいですよ。

口コミ
・浸透具合がわかりやすくて、使いやすいです。

・期待以上の撥水力で満足しています。
税込価格
2,160円
容量
420ml

4.『防水スプレー カーボンプロ』(コロニル)

防水スプレー カーボンプロ

出典:楽天

ドイツのコロニル最強の防水スプレーが登場。新技術のカーボンテクノロジーの効果で持続力が伸び、保護膜は伸縮性があるのでシワ部分にも密着します。持続力は3〜4週間ほど。1缶で約54足分使えるため、コスパにすぐれています。

口コミ
・撥水性が抜群で、雨でも心配無用です。

・あらゆる素材に使えるので助かります。
税込価格
2,592円
容量
300ml

5.『プロテクターアルファ』(エムモゥブレイ)

プロテクターアルファ

出典:楽天

不燃性の炭酸ガスでフッ素成分をスプレーする安全なプロテクターアルファ。スムースレザー、起毛皮革、型押し革やオーストリッチにまで使え、さらに麻やデニムや、ハイテク素材にまで使えるすぐれものです。

口コミ
・驚きの撥水力で、大雨でも靴は濡れませんでした。

・革に使っても変色がなかったので安心して使い続けています。
税込価格
2,160円
容量
300ml

6.『防水スプレー』(クレップ プロテクト)

防水スプレー

出典:楽天

イギリス生まれのシューケアブランドのクレッププロテクトのフッ素系防水スプレー。透明な保護バリアで靴全体を覆い、高い撥水力をもっています。水はもちろん、油や汚れも弾きますよ。

口コミ
・履き始めて3ヶ月ほど経ちましたが、スニーカーがほとんど汚れていません。

・梅雨時期に効果を実感したので、もう手放せません。
税込価格
2,160円
容量
200ml

7.『ヴィオラ 防水スプレー』(ジュエル)

ヴィオラ 防水スプレー

出典:楽天

フッ素系防水スプレー、ヴィオラ。通常スプレーしてから長時間乾燥する必要がありますが、ヴィオラなら約15〜20分で効果が安定するので、履きたい当日にケアしてお出かけできます。

口コミ
・白いスニーカーをきれいなまま保ちたくて使っています。撥水力が◎です。

・革だけではなく布にも使えるので、重宝しています。
税込価格
1,944円
容量
300ml

8.『イズフィット 防水スプレー オールマイティ仕様』(モリト)

イズフィット 防水スプレー オールマイティ仕様

出典:http://www.morito.co.jp

革、スエード、ナイロン、布、麻などオールマイティに使えるフッ素系防水スプレー。気軽に使える容量とリーズナブルな価格がうれしいポイント。「靴、バッグ、傘、帽子…持ち物全部に使っています」という口コミが多く見られました。

口コミ
・色の濃い革靴も白くならない点が気に入ってリピートしています。

・防水スプレー特有の鼻をつくニオイがないのがうれしいです。
税込価格
819円
容量
300ml

9.『ネバーウェットネオ』(素数)

ネバーウェットネオ

出典:http://www.sosu.jp

ネバーウッドネオは、アメリカ生まれの超撥水性が自慢の防水スプレー。ポリマー成分が繊維1本1本の表面に浸透して、保護バリアを形成します。シリコン系ですが、フッ素系と同様に通気性を損ないません。

口コミ
・使い方を守ると本当に効果絶大です。

・雨具やスニーカーに使っていますが、撥水力がすごくて気に入っています。
税込価格
2,327円
容量
325ml

特殊な素材の靴におすすめの防水スプレー

10.『バリオスプレー』(コロニル)

バリオスプレー

出典:楽天

レディースのシューズで部分的に使われることが増えた、ハラコやファー。デリケートな毛皮専用の防水スプレーです。毛皮の風合いや光沢を守って、キープできると人気のアイテムですよ。

口コミ
・ハラコを使った高価な靴だったので、大切に履けてうれしいです。

・ファーのブーツに使いました。汚れが付きにくくて助かります。
税込価格
2,160円
容量
200ml

履き始める前に

エコなわざあり

新品の靴に防水スプレーをかけよう!

ヒール
新品の靴は、購入する際に靴屋さんが防水スプレーをかけてくれる場合もあります。

新品のきれいな状態で、水・汚れ・油汚れから靴を守る防水スプレーをかけることで、靴を長持ちさせることができますよ。

気に入って手にした靴だからこそ、大切に長く履けるのはうれしいですね。

防水スプレーで靴を長く愛用できる!

気に入って手に入れた靴は、誰しも長く履きたいと思いますよね。それなら、サッと手軽に防水スプレーをかけることで叶いますよ。

上記を参考に、さまざまな種類のなかからコレ!という防水スプレーを見つけてくださいね。