炒め物や煮物などにも使える「なす」。冷蔵室に入れておくといつの間にかシワシワになってしまってしまった経験はありませんか。

なすは冷蔵室で保存するのではなく、野菜室がおすすめ。正しく保存すればおいしく保存できます。ほかにも長持ちさせる保存方法もあるんですよ。

そこで今回は、なすの保存方法について詳しくご紹介します。

なすの保存期間はどれくらい?

カレンダー

なすは低温が苦手です。そのため、冷蔵室ではなく野菜室で保存します。野菜室であればだいたい1週間ほど日持ちしますよ。

表面がしわしわになっていたりぶにょっとした触り心地になっていたりすると傷んでいる証拠です。保存期間に関わらず、食べるのは控えましょう。

なすはどんな方法で保存できる?

ピーマン なす 時短 レシピ なすを乱切りする

なすは、野菜室での「冷蔵保存」のほかにも「常温保存」や「冷凍保存」もできます。

正しいやり方で保存すれば、おいしさを保ちながら長持ちさせられますよ。ここからはそれぞれのやり方やコツについてご紹介します。

なすの保存|常温保存のやり方

大根 保存 新聞紙 キッチンペーパー

なすは新聞紙に包んで冷暗所に置いておけば、常温でも保存できます。

新聞紙で1本ずつ包み、かごに入れて立てておけば、新鮮さを保ちながら1〜2日ほど日持ちしますよ。

なすの保存|冷蔵保存のやり方

じゃがいも 冷蔵庫 保存 野菜室に保存

なすは野菜室で保存します。低音障害になりやすいので、野菜室内の冷気が直接当たらないよう、キッチンペーパーなどで1本ずつ包みましょう。

キッチンペーパーで包んだ後はポリ袋など保存袋に入れてください。袋の口を軽く閉じ、野菜室に立てて収納すればおいしさをキープできますよ。

なすの保存|冷凍保存のやり方

ピーマン なす 時短 レシピ なすを炒める

なすは、低温が苦手な野菜です。ただし、一度熱を通すことで冷凍保存ができるようになります。

まず、輪切りなど食べやすい大きさにカットしましょう。次に、油をひいたフライパンで炒めてください。

粗熱を取ったら、空気をなるべく抜いたジッパーバッグになすを入れて、金属トレーの上に置きます。トレーごと冷凍室に入れることで急速に冷やされるので、おいしさを保ったまま保存できますよ。

なすは「干して保存」するのもおすすめ

大根 なす なすのとろみおろし和え 食べやすい大きさに切る

なすは干して保存すると1ヶ月ほど日持ちします。

縦に4等分などにカットし、水につけてアクを取ります。その後、水気を拭き取ってザルに並べ、3日ほど干しておけば完成です。漬物や煮物、汁物に入れて使えますよ。

保存期間を長くするなら新鮮ななすを選ぼう

なす 保存 野菜

なすをなるべく長持ちさせるなら、新鮮なものを選ぶのも大事です。

傷やシワがあると傷みやすいので、ヘタが黒っぽくトゲがあり、紫色の濃いハリ・ツヤのある実をしている新鮮ななすを選ぶようにしましょう。

なすの食べ方にあわせて保存方法を考えよう!

大根 なす なすのとろみおろし和え

なすは、保存の仕方次第で長持ちさせることができます。また保存方法によってなすの使用用途が限られてくるので、どんな風に使いたいかで保存方法を決めてもいいですね。