珪藻土のバスマットは、お風呂上がりでもすぐに乾いてサラッサラ。ジメッとした感じがなく快適ですよね。

でも毎日使っていると少しずつ汚れが目立って来ませんか?汚れてきた珪藻土のマットを見て、「これってどうやったら落ちるの?」と疑問に思いますよね。

今回は珪藻土のマットについた汚れの落とし方など、掃除する方法を紹介します。

珪藻土のマットが汚れる原因は?

珪藻土 バスマット

珪藻土(けいそうど)は極小の孔(穴)がたくさんあいていて、その穴が水分をたくさん吸収してくれます。濡れた足で珪藻土のマットに乗っても、すぐに水を吸って乾くのは、この穴のおかげなんです。

しかし、この穴は水だけではなく汚れなども入り込んでしまいます。お風呂上がりに使うバスマットでは、足の裏の皮脂が水滴と一緒に流れます。これが穴の表面を覆って黄ばんだような黒ずんだような汚れへと変化します。

また、汚れたままで湿度が高い環境に放置しているとその汚れをエサにカビが繁殖してしまうケースもあります。珪藻土のマットについた汚れはきちんと掃除して落としてあげましょう。

珪藻土のマットの汚れを掃除する方法は?

キッチンハイター 塩素系漂白剤

珪藻土のマットが汚れたときに、食器用洗剤や石鹸などは使えません。洗剤の成分が穴のなかに入り込んで、吸水性を悪くしてしまうからです。

珪藻土についた汚れは、『キッチンハイター』などの塩素系漂白剤で落とします。液体タイプでも泡タイプでも使えますよ。

液体の『キッチンハイター』で珪藻土マットの汚れを落とす

キレイな布巾に塩素系漂白剤をつける

少しだけ塩素系漂白剤をつけること。直接手で触れないように注意。

汚れを布巾でポンポンと叩く

汚れている場所に塩素系漂白剤を染み込ませるように軽く叩く。力を入れすぎないように。

数分おいてから流水ですすぐ

塩素系漂白剤が効いてくると汚れが落ちる。漂白剤が残らないように流水でじゃぶじゃぶと洗う。

陰干しで完全に乾燥させる

水で洗った珪藻土はしっかりと乾かす。珪藻土は陰干しが基本だが、種類によっては天日干しに対応していることもある。

汚れがマット全体に広がっているときは、漂白剤を溶かした水にマットごと浸す方法もあります。

広めの桶やシンクなどに水を張り、塩素系漂白剤を規定量溶かしてからマットを浸しましょう。数分ほどおいたら取り上げて流水でしっかりとすすぎます。

『キッチン泡ハイター』で珪藻土マットの汚れを落とす

汚れ部分に漂白剤を吹きつける

汚れた箇所に直接塩素系漂白剤をかける。

数分放置してから流水で洗い流す

数分放置すると漂白剤が浸透して汚れを落としてくれる。漂白剤が残らないようにジャブジャブすすぐこと。

陰干しで完全に乾燥させる

水で洗った珪藻土は水をたっぷり吸い込んでいるのでしっかりと乾かすこと。

液体タイプ・泡タイプのどちらを使った場合でも、塩素系漂白剤がマット内にに残らないようにしっかりと流水ですすいでください。洗剤が残っていると触ったときに、肌への刺激が現れることもあるので注意してください。

また、塩素系漂白剤を使ったときに、商品によっては色落ちする可能性もあります。色落ちが心配なときは、見えにくい場所につけて変化がないかを確認してから実施してください。

珪藻土のマットの汚れが落ちにくいときの対処法

やすり サンドペーパー

塩素系漂白剤を使っても珪藻土マットの汚れが落ちないときは、汚れ自体を物理的に削り落としましょう。

紙やすりを用意する

目の細かい紙やすり(300~400番くらい)を使う。

汚れた部分をなでるように削る

やさしくなでるように削っていく。汚れ具合に合わせて力加減を調整する。

水拭きして削りカスを取る

削りカスを払い落とし水拭きして細かいのを取れば完了。カスが多いときは流水ですすいでから乾燥させてもOK。

汚れは表面についているので、力を入れてこする必要はありません。表面をやさしくなでるように削りましょう。

汚れで塞がれていた穴が復活するので吸水力も戻ってきますよ。塩素系漂白剤で汚れが落ちた場合でも吸水力が弱いと感じたらヤスリで削ってみてください。

作業中は削りカスがたくさん出てくるので、ベランダや庭など汚れてもいい場所で行いましょう。

珪藻土のマットを掃除するときの注意点は?

珪藻土マット バスマット

珪藻土のマットについた汚れを掃除するときは、いくつか注意してほしい点があります。

力を入れすぎない

珪藻土は過度に力が加わると割れてしまいます。力加減に注意しましょう。また、段差のある場所に置いていると、力を入れた瞬間に簡単に割れてしまうことがあります。必ず平らな場所において作業しましょう。

汚れた布で拭かない

雑巾などについている汚れが珪藻土に移ってしまうことがあります。珪藻土マットを掃除するときは、必ずキレイな雑巾や布巾を使いましょう。

しっかり乾燥させる

珪藻土を濡れたまま湿度の高い場所に放置すると、カビが発生してしまいます。掃除したあとはしっかりと乾燥させてください。

珪藻土のマットの汚れを防ぐためのお手入れ法は?

シャワー

珪藻土のマットにできた汚れは、放っておくと落ちにくくなります。汚れをためないように正しく手入れをしましょう。

使ったら陰干しする

珪藻土のマットを使い終わったら、風通しのよい場所に立てかけるなどして乾燥させます。早く乾燥させたいからと天日干しすると珪藻土が割れるなどトラブルにつながるので、原則陰干しを心がけてくださいね。

水拭きする

手指の皮脂汚れや飲み物の水滴などがついたら軽く水拭きしましょう。1週間に1回くらいは使い終わったあとに水拭きをして乾かすと清潔な状態をキープできます。

汚れたら流水ですすぐ

マットが汚れてきたと感じたらまずは流水ですすいでください。ちょっとした汚れなら水で流すだけでもキレイになります。

珪藻土のマットの汚れを掃除しよう

珪藻土のマットはすぐに乾くし、とても便利ですよね。毎日使うものだから、手入れする暇なく使い続けているという人も多いと思います。

しかし、お手入れせずに使い続けているとどうしても汚れが目立ってきてしまいます。黒ずみや黄ばみなどが目立ってきたら、塩素系漂白剤か紙やすりを使ってキレイにしてあげてくださいね。

キレイな珪藻土のマットなら、お風呂上がりに使うときも清々しい気持ちになれますよ。