生理用品の収納は、目立たないようにしておきたいですが、そのせいで使いにくくなってしまうのはイヤですね。

ここでは、トイレのなかで生理用品をスッキリ収納する方法をご紹介します。手軽な方法で生活感をおさえながら使いやすくしてあげられますよ。

生理用品はトイレに収納すると使いやすい

キッチンの引き出し
生理用品は洗面所の目立たない場所に保管する人も多いですが、必要なときにトイレに持ち込まなきゃいけないのは面倒ですよね。

デリケートなものなので収納に気を使いますが、1番は「手に取りやすい」のが大切です。なので、トイレが狭くてスペースがそれほどないとはいえ、使う場所に置いておきたいものです。

できるだけ目につかないようにする工夫ができれば大丈夫ですよ。

生理用品は100均の「カゴ」に入れる収納でスッキリきれいに

カゴに入ったトイレットペーパー
生理用品の収納には、フタ付きのカゴを使うのがおすすめ。100円ショップでも販売されているので気軽に購入できます。

フタ付きのカゴに入れてあげるだけで、生活感はぐっとおさえられます。

しかもコンパクトなサイズにまとまるので、トイレのタンク上の棚や、隅のサニタリーボックスにも置けます。

昼用・夜用やそのストックなど何種類かあっても、カゴごとでわけておけば間違えることもありません。

さらにひと手間!トイレに置く生理用品をおしゃれに収納するには?

整理されたトイレ
カゴに入れるまではいいけど、「それだけではどうにも心配…」「棚がないので床に置くしかなくて困った…」と考える人もいると思います。

扉付きの収納棚があればそこに置けばいいですが、ちょうどよい収納棚がない場合もありますね。そんなときは、次のようなひと工夫を加えるとおしゃれに目立たず収納できますよ。

目隠しのカーテンをつける

壁と壁の間に1本つっぱり棒をつけてカーテンをかければ、生活感を隠せます。トイレは狭いので、つい色々なところに目が届いてしまうものですが、トイレットペーパーなどとまとめて隠せばスッキリきれいになりますよ。

同じ入れものを用意していくつも並べる

同じ入れものを何個も用意し、生理用品、トイレットペーパー、掃除用シートなどをそれぞれに入れて並べます。そうすると、入れものが何個もあるだけなので目立ちません。さらに壁紙と入れものの色を合わせれば、よりトイレ空間全体との統一感がでて目に入らなくなります。

生理用品をスッキリ収納できるアイテムは?どんな入れものがいい?

生理用品をどんな入れ物に入れるかでも、トイレ内の雰囲気が変わってきます。ぜひおうちの雰囲気にあったものを選んでくださいね。

『トイレ収納ケース』(シンカテック)

トイレ収納ケース

出典:楽天

生理用品の収納にぴったりのケースラックです。何種類かのナプキンを使い分けている人やストックも一緒に収納したい人におすすめ。シンプルなデザインで目立たないのもうれしいですね。

『強力タイプの突っ張り棚』(平安伸銅工業)

強力タイプの突っ張り棚

出典:楽天

タンクの上のスペースにつっぱり棒をかければ収納棚を増やせるんです。強力なつっぱり力である程度の重さにも耐えられるので、生理用品のほかにトイレットペーパーのストックや洗剤置き場にも使えますよ。

『ヴィット』(三和コーポレーション)

ヴィット

出典:楽天

トイレの狭い空間にも置けるスリムタイプの収納棚です。扉収納の中には生理用品はもちろん、サニタリーボックスも入ります。生理用品専用の収納棚にしておくのも使いやすいですね。

{:width=>300, :height=>250}}" data-ad-format="auto" data-full-width-responsive="true"> {:width=>300, :height=>250}}" data-ad-format="auto" data-full-width-responsive="true">

生理用品はトイレにカゴ入れ収納で使いやすくなる

トイレの収納
生活感がどうしても見えてしまう生理用品は、隠して使いにくい収納にしてしまいがち。でも、コンパクトにまとめてボックスやケースに入れてあげるだけで、使い勝手よく収納できます。使う場所に収納できればいちいち持ち込む手間も省けて助かりますね。

お気に入りのカゴなどを選べば、トイレのおしゃれなインテリアにもなりそうですね。