これまで掃除機は紙パック式のものが主流でしたが、最近では発売以来から進化を続けてきた「サイクロン掃除機」が人気を集めています。名前はよく聞くようになりましたが、具体的にサイクロン掃除機にはどういった特徴があるのでしょうか。

今回は、サイクロン掃除機の選び方とおすすめ商品をご紹介します。

サイクロン掃除機を使うメリットは?

オリジナル 掃除機 リビング カーペット


「掃除機といえばサイクロン」といっても過言ではないほど、人気があり普及率も高いサイクロン掃除機。

では、実際のところどんな特徴があるのでしょうか?

サイクロン掃除機のメリット

● 吸引力が低下しづらい
● 空気とゴミを分離するので排気が臭わない
● 紙パックを買う手間がない
● ゴミをためずにこまめに捨てられる
● ランニングコストがかからない

サイクロン掃除機のデメリット

● ゴミを捨てるときに粉塵が舞いやすい
● 機種によってはフィルター掃除が必要

サイクロン掃除機は、これまで一般的だった紙パック式掃除機で「ゴミがたまると吸引力が落ちる」「排気の臭いが気になる」など当たり前だったデメリットをうまくカバーしています。

サイクロン掃除機を選ぶポイントは?

ポイント 電球 チェック


サイクロン掃除機の普及により、各メーカーからさまざまなタイプの掃除機が販売されています。どれを選んでよいか迷ったときは、以下のポイントに注目してみましょう。

ヘッドの種類

サイクロン掃除機のヘッドには、吸い込む力でブラシを回す「タービンヘッド」と、モーターの力で強力にブラシを回す「パワーヘッド」があります。

掃除をする場所がフローリングや畳など、フラットな床の場合はタービンヘッドで十分ですが、カーペットやじゅうたんなど毛足が長くゴミがすき間に入りやすい床の場合は、モーターヘッドをおすすめします。

本体の重さと大きさ

掃除機は日々のお掃除に使うものなので、重たすぎると作業が苦痛になるばかりでなく、持ち運びが大変で掃除がおっくうになってしまいがちです。本体のサイズや重たさを確認しておきましょう。

フィルターの有無

空気とゴミを遠心分離するサイクロン掃除機は、フィルターの有無でお手入れの方法が変わります。遠心分離にくわえて、フィルターでさらにゴミを分離しているタイプのサイクロン掃除機は、定期的なフィルター掃除が必要です。フィルターレスタイプのサイクロン掃除機を選ぶと、お手入れが簡単です。

サイクロン掃除機の形状も要チェック!

クエスチョン ? はてな


サイクロン掃除機は、大きく3種類の形状にわけられ、それぞれ得意・不得意があります。どんなシーンで掃除機を使うことが多いか、普段の利用シーンを振り返って選びましょう。

キャニスター型

本体に付属している長いホースの先にヘッドがついている、一般的な掃除機の形がキャニスター型です。稼働させる部分がホースとヘッド部分だけなので、軽くて使いやすいのが特徴です。

スティック型

本体とホース、ヘッドがすべて一体型になっているタイプで、スリムな本体サイズなので収納しやすいのが特徴です。コンパクトなおうち用に使ったり、サブの掃除機として使い勝手がよいです。

ハンディ

片手でサッと使える小さいタイプの掃除機で、ちょっとしたホコリや食べこぼしなど、スポット的にお掃除したいときに向いています。階段や車の中のお掃除にも便利に使えます。

サイクロン掃除機のキャニスター型のおすすめは?

1.『サイクロン掃除機 EC-CT12-C』(シャープ)

コスパのよさが人気のロングセラー商品。しっかりゴミを取り除くだけでなく、「からぶき機能」でフローリングや畳の乾拭きも可能です。騒音を抑えるモードや、電気代を抑えるエコモードを搭載されているのもうれしいポイントです。

口コミ
・性能よし!ごみ捨てラク!言う事なしのコスパの高いサイクロン掃除機です。
・吸引力があり、とてもよいです。高い商品に負けないぐらいよい商品だと思います。

税込価格
9,787円
ヘッド
タービンヘッド
カラー
ベージュ

2.『サイクロンクリーナー トルネオV VC-SG512』(東芝)

2つの遠心分離機で強力な吸引力が続くサイクロン掃除機です。カーボン素材を使った軽量なボディが特徴。布団ブラシやロングブラシなど付属のアタッチメントが多く、1台で家中すみずみまでお掃除できます。

口コミ
・軽くて持ち運びもラクラク!その上コンパクトでとても使い勝手がいいです。
・小さくて、手入れもしやすいです。吸引力も問題ないです。

税込価格
28,800円
ヘッド
パワーヘッド
カラー
レッド/ピンクゴールド

3.『パワーブーストサイクロン CV-SC300』(日立)

強力パワーなのに操作音が気にならない、低騒音が特徴のサイクロン掃除機。ジェット吸引ヘッドは床へのはりつきを抑えながらも、前後左右からしっかりゴミを吸い取ります。ホース操作がスムーズで使いやすいのも魅力です。

口コミ
・ヘッドのローラーが回転して前に進んでいくので軽くて使いやすいです。
・持ち手のスイッチを引けば、ノズルを伸ばすことができるのでうれしいです。

税込価格
21,190円
ヘッド
パワーヘッド
カラー
レッド/シャンパン

サイクロン掃除機のスティックのおすすめは?

4.『コードレスサイクロン式掃除機 【Dyson V7 Fluffy】SV11 FF』(ダイソン)

サイクロン掃除機の普及のきっかけににもなった「ダイソン」のスティック型掃除機です。ヘッドを付け替えることでハンディタイプとしても使えます。ゴミの取り残しが少なく、吸引力が持続するのが特徴です。

口コミ
・ベビーパウダーもみるみる吸い取ります。文字通りスイスイ掃除できます。
・コードレスで、家の中を網羅するとちょうど充電が終わるので、目安的にもバッチリです。

税込価格
55,800円
ヘッド
パワーヘッド
カラー
オリジナルカラー

5.『サイクロンスティック型クリーナー TC-E123SBK』(ツインバード)

軽量でコンパクトなのに高速遠心分離で細かなゴミも強力に分離する、スティックタイプのサイクロン掃除機。コスパのよさからサブの掃除機として使っている人も多い商品です。フィルターも水で丸洗いできるのでお手入れも簡単です。

口コミ
・収納がラクになったので、掃除機をかける機会がふえました!
・ゴミを捨てるのがラクで、場所を取らず、吸引力もいいのでおすすめです。

税込価格
3,796円
ヘッド
ブラシなし
カラー
スケルトンブラック

サイクロン掃除機のハンディのおすすめは?

6.『ハンディクリーナー 乾湿両用』(Homasy)

微細なゴミだけでなく液体もしっかり吸い取るハンディタイプのサイクロンクリーナーです。最大30分間の使用が可能なので、車のお掃除にもピッタリ。ノズルや掃除用ブラシなど付属品が豊富なのもうれしいポイントです。

口コミ
・吸引力のわりに音がしずかで、充電器にそのまま乗せるだけの充電なのでラクです。
・いろいろなアタッチメントはもちろん、液体も吸い取れるのに驚きました。

税込価格
5,088円
ヘッド
ブラシなし
カラー
ブラック

7.『ハンディージェットサイクロン HC-EB41W』(ツインバード)

軽量で小回りがきくコンパクトボディのサイクロン掃除機。しっかりとした吸引力に加え、布団ノズルやすき間ノズルなどの豊富な付属品でお部屋のすみずみまで掃除できます。コンパクトに収納できる土台付きです。

口コミ
・掃除が苦手なわたしでも、気がついたら手に取っているくらい手軽に使えます。
・コンパクトで音が静かです。コードも長くて掃除がやりやすいです。

税込価格
3,417円
ヘッド
ブラシなし
カラー
ホワイト/ブラック

サイクロン掃除機をかしこく選ぼう!

掃除機のかけ方


サイクロン掃除機は、メリットが多く使い勝手のよい掃除道具。かしこく選んで、日々のお掃除をラクにすませたいですね。サイクロン掃除機はたまったゴミがひと目でわかるので、きれいになっていく過程が楽しく感じられますよ。

お気に入りのサイクロン掃除機を手にして、気持ちよくお掃除してくださいね。

表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。