毎日のように食事に並ぶお米。その保管方法に米びつを使っている人は多いですよね。なんとなく、直接日光の当たらない場所で保管しているものの「ここでいいのかな…?」と疑問に思うこともあると思います。

そんな米びつの収納場所はどこがいいのか、そもそもお米の保管方法とはどんなものか、ママの疑問にまとめてお答えします。

米びつにお米を保管したほうがいいのはなぜ?

炊飯器 ご飯
そもそもお米をなぜ米びつで保管するか知っていますか?実は、購入したときのビニール袋の通気性が悪くお米が蒸れてしまうので別の容器に移し替える必要があるんです。

お米は高温多湿の環境が苦手なので通気性がよく日の当たらない場所で保管するのがおすすめ。保存期間は冬なら2〜3か月、夏なら1か月程度が目安です。

特に梅雨時期や夏場はできるだけ早く食べるように心がけましょう。こうすることで風味を損なわず、長くお米を楽しめます。

米びつを収納するキッチンの4つの場所

冷蔵庫 キッチン 吊り戸棚
お米は高温多湿の場所に保管すると、カビや害虫の被害にあうことがあります。風通しのよい日陰か冷蔵室での保管が必須。そのため、冷蔵庫での保存がよいと耳にするわけです。キッチンだと主な保管場所は次の通りです。

1.冷蔵庫の野菜室

米びつ 収納 冷蔵庫
冷蔵庫の野菜室は温度が一定に保たれているため、お米の保管に適しています。

2.食器棚の下段

米びつ 収納 引き出し
食器棚の下は直射日光を遮り、限りなく常温に近い温度が保てます。また食器棚が木製であれば通気性にも優れ、湿気にくいためお米の保管に向いています。

3.調味料や鍋と同じ引き出し収納

米びつ 収納 調味料
引き出しの中に入る量のお米であれば調味料などと同じ容器にいれて保管するのも1つのアイデアです。見せる収納に一役買うだけではなく、日光を遮る役割も果たします。

4.パントリーの収納

米びつ 収納 パントリー
引き出しに収納できないときは、パントリーがおすすめです。収納スペースも引き出しよりも広いことが多く、調理道具を一緒に出し入れできるので無駄な動きを減らして時短に役立ちします。

まとめ!

エコなわざあり

米びつの収納は日光が当たらないところへ

理想は冷蔵庫での保存ですが、スペースの都合で入れられないこともあると思います。その場合は、無理せず日陰の保管で十分ですよ。

冷蔵庫に入れる場合は、専用のストッカーを使ったり、ペットボトルに移し替えたり、1回炊く分ごとにジップロックに移し替えたりすると場所をとりません。

2〜10kgの収納に役立つ米びつ6選

米びつは収納方法によってさまざまな形の商品が販売されています。まずは2〜10kgの軽量な米びつをいくつかご紹介します。

1kg収納:『アクシス ガラスジャー ガラスキャニスター/保存容器』

米びつ 収納

出典:楽天

ガラス製の容器です。米はもちろんのことフレークやグラノーラなども収納できます。見た目がおしゃれな容器を探していたり、カフェ風のインテリアを探していたりする方におすすめです。

税込価格
3,024円

2kg収納:『密閉米びつ』

米びつ 収納

出典:楽天

冷蔵庫にしまえる米びつです。縦に立てたり横に寝かせたりして収納できます。目盛りがついているので残量がわかりやすく、片手で取り出せる使いやすさが特徴です。

税込価格
475円

5kg収納:『ライスストッカー 米びつ 計量カップ付き』

米びつ 収納

出典:楽天

トタン製ドラム式の米びつ(ライスストッカー)です。渡辺金属工業というバケツの老舗メーカーが製造しています。外気に触れにくく、直射日光を遮断してくれるため米の保管容器にぴったり。

シルバー、レッド、グリーン、アイボリー、ブラウンのカラーバリエーションからキッチンに合った色を選べますよ。

税込価格
4,298円

5kg収納:『米びつ 計量カップ付』

米びつ 収納

出典:楽天

引き出し用の薄い米びつです。システムキッチンの引き出しにしまい、フタをあけてそのまま米をすくえます。底に傾斜がついているので取り出しやすさは抜群です。

税込価格
1,761円

5kg収納:『小米びつ』

米びつ 収納

出典:楽天

木製の米びつです。フタ、取手が付いているためちょっとしたキッチンラックや深い引き出しに収納できます。10kgタイプもあるのでお米の使用量に合わせて選んでみてください。

税込価格
4,860円

9kg収納:『ガラスジャー カフェ風』

米びつ 収納

出典:楽天

ガラス製としてはかなり大型サイズのライスストッカーです。中身が見えるので減り具合がすぐにわかったり、同じ容器を揃えて並べてインテリアとして楽しんだり、使い方はさまざま。そのまま置いて見せる収納にしておけるため、シックな雰囲気のキッチンやリビングにおすすめです。

税込価格
3,240円

10〜30kgの収納に役立つ米びつ4選

大家族だったり、お米が大好きだったりすると大容量でお米を購入、保管する必要がありますよね。そんなときにおすすめなのが10kg以上収納できる米びつです。次に10kg以上のお米が収納できる米びつをご紹介します。

12kg収納:『米びつ ステンレス製 キャスター付 スリムライスボックス』

米びつ 収納

出典:楽天

幅約20cm高さ約40cのスリムな米びつです。キッチンのちょっとした隙間で保管できます。上からお米を入れて下から出す先入れ先出し方式なのでいつも新鮮な状態を保てますよ。

税込価格
4,225円

12kg収納:『S計量 米びつ』

米びつ 収納

出典:楽天

食器棚やキッチンラックに収納できる米びつです。レバーを下げるだけで簡単に計量できたり、キャスター付きだから床に置いても移動ができたり、汚れたら水洗いができたりと使い勝手のよさは◎。収納量はもちろんのこと、スタイリッシュなキッチンで米びつのデザイン性にもこだわる方におすすめです。

税込価格
4,580円

15kg収納:『米びつ 桐 ライスストッカー』

米びつ 収納

出典:楽天

15kgまで収納できる木製の米びつです。桐を使っているので湿気の時期もムレにくく安心できます。キッチン下にそのままおいたり、キッチンラックに置いたり、取り出しやすいところに設置して使ってみてください。

税込価格
4,380円

30kg収納:『米びつクーラ TTR30』

米びつ 収納

出典:楽天

30kgの米が収納できる米びつクーラです。その名の通り、年間を通して米の保管に最適な15度を保ってくれます。白米・玄米それぞれいの計量が可能だったり、害虫や湿気、カビからお米を守ってくれたりと、お金をかけて良い大容量の米びつを探している方におすすめです。

税込価格
39,800円

米びつの収納では虫除け対策も必要?

注意点 チェック
お米の保管で高温多湿を避ける理由の1つに「虫」があります。お米をエサとして成長する虫がいて、動きが活発になる環境が高温多湿な場所だというわけです。

そのため、米びつを日陰で保管するなら害虫への対策をしておくと安心です。通販でも専用グッズがたくさん販売されているのでぜひ見てみましょう。

『米びつ用防虫剤』

米びつ 収納

出典:楽天

米びつに入れるだけで虫がよらなくなる防虫剤です。虫が苦手とする唐がらしのエキスを配合したゼリーを使っていて、どれだけ効果が残っているかもひと目でわかります。お米の風味はそこなわないので安心してください。

税込価格
287円

『1年米びつくん』

米びつ 収納

出典:楽天

天然のわさびやからし成分を配合した防虫剤で、米びつのなかに貼り付ければ1年間効果を発揮してくれます。

税込価格
569円

高温多湿を避けた米びつの収納で、毎日の食事を守ろう

米びつ 収納 タッパー
米びつの収納は密閉のできる容器を用意し、あとは高温多湿を避けて保管するだけです。おすすめは冷蔵庫。スペースが確保できないなら、陰になる場所をさがして収納してあげましょう。

お米の保存を清潔にできると、毎日の食事も安心ですね。