2人以上の世帯ともなると、食費や住宅ローンのやりくり、お子さんがいる場合は教育費の捻出など、家計を管理するのも一苦労ですよね。

突然収入が増えることに期待するよりも、何か節約することで家計を支えられないか…そんな風に考えたことはありませんか?

今回は、家計を支えながら節約できることを見直したいと思っている方に向けて、よく聞く「固定費の見直し方」や「固定費の節約術」などをわかりやすくご紹介します。

そもそも固定費とは?固定費ではない支出って?

注意点 チェック
そもそも固定費とは何でしょうか?簡単にいえば「毎月決まった額が出ていく支出」のことです。例えば、家賃や光熱費の基本料などが固定費にあたります。

固定費とは違って毎月の額が変化する支出のことを「変動費」といいます。一般的な固定費と変動費の例として、次のようなものがあげられます。

固定費
家賃/住宅ローン(月額)
光熱費・通信費(基本料金)
保険料(月額)
習い事などの教育費(月額)
変動費
光熱費(使用量による)
食費
家具代
衣服代
医療費
交通費、通信費(使用量による)
娯楽費

固定費を見直すってどういうこと?どれくらい節約できるの?

大掃除のチェックリスト
引越しに伴う光熱費の切り替えや保険の更新など、「固定費を見直そうかな?」と思うタイミングはふとしたときに訪れますよね。

ただ、固定費の見直しって具体的にはどんなことをするんだっけ?と思った方も多いのでないでしょうか。

具体的な固定費の見直しには「契約を変更する」「解約する」といった方法があります。例えば、光熱費のプランを下げれば月に数千円ほどの節約になったり、保険を解約することで月あたり数万円の固定費の削減ができたりします。

次に、固定費になる費用それぞれに合わせた節約術を紹介するので参考にしてみてください。

固定費の節約方法①|家賃

家賃や住宅ローンは固定費に含まれます。これら「家賃」を見直して節約する方法は2通りのみ。

1つはより賃料の低い物件に引っ越すこと。もう1つは利息の低いローンに借り換えることです。

賃貸の場合

お金 節約 家賃
当たり前の話にはなりますが、現在より家賃の低い家に引っ越すと、年間では《下がった家賃 × 12ヶ月分》の固定費を抑えられます。

ただ、1年未満などでの短期間で引っ越しを繰り返すと、家賃以外の初期費用がかさんで結局のところ支払う固定費が高くなる場合もあります。

まとめると、家賃の低い物件に引っ越すことと、その後短期間での引っ越しは控えることが大切です。さらに、更新料がかからない物件を選べばより固定費を抑えられますよ。

住宅ローンの場合

お金 計算機
住宅ローンを組んでマンションや一軒家を購入した方は、利息に注目しましょう。

社会的な影響によって利息は変動するので、臨機応変により利息の低いローンに借り換えれば、固定費を抑えられることになります。

詳しい借り換えの手順については、ファイナンシャルプランナーなど専門家に相談するのがおすすめです。

固定費の節約方法②|水道光熱費(基本料金)

電卓 お金 節約
住居で生活していれば必然的に発生する固定費の1つが、水道光熱費。水、電気、ガスなどいわゆる生活の基盤となるインフラへの固定費です。

これらには、利用しなくても毎月一定で支払う「基本料金」と、使用量によって支払う額が変わる「量料金」(変動費)があります。

基本料金を見直す方法は1つで「契約プランを安いプランへ変更する」ことです。最近では電気や水道、ガスの使用量を入力することでどのプランが最適なのか比較できるサービスも増えてきました。初めて契約プランを変更してみようと思う方は、そういったサービスを利用するのもおすすめです。

{:width=>300, :height=>250}}" data-ad-format="auto" data-full-width-responsive="true"> {:width=>300, :height=>250}}" data-ad-format="auto" data-full-width-responsive="true">

固定費の節約方法③|保険料(月額)

救急箱
結婚したりお子さんが生まれたタイミングで、生命保険や医療保険を検討する方も多いですよね。これらの保険料も毎月支払う支出のため固定費に含まれます。

保険料を見直して節約する方法としては、光熱費と同じく「契約プランを安い内容へ変更する」ほか、「解約する」という手もあります。

さまざまな保険があるので一概に「不要」「変更が必要」とは言えませんが、年に1回は保険の担当者に連絡して、契約内容を確認・見直ししても良いかもしれませんね。

固定費の節約方法④|習い事などの教育費(月額)

ランドセル 子供 学校
お子さんに習い事をさせている方は、それらも固定費に含まれます。学習塾やピアノ教室、野球やサッカーなどのスポーツクラブなどです。

これらの固定費を見直すには、通うスクールを変更する、習い事を辞めて親戚や知人に教えてもらう、習い事自体を辞める、などの方法があります。あくまで「教育」が目的なので、特定の方法にこだわる必要がないという方はこれを機に一度見直してみるのも良いかもしれません。

また、子供がある程度成長したら、本当にその習い事を続けるべきか本人と直接話し合うことも大切。子供にはできるだけ沢山のな経験をさせてあげたい、と思う両親は多いと思います。しかし、子ども自身が小さい頃から自分のやりたいこと、やるべきこと、やらなくていいことを考えることはとても大切なことです。

家族で話し合いながら、教育費についても都度見直してみましょう。

固定費を節約するときの注意点

転倒注意
固定費を節約するときは、ある程度慎重になる必要もあります。固定費は生活のインフラを支えるサービスへの支出がほとんどです。いきなり複数の固定費をゼロにすると、生活ががらりと変わる可能性があるので気をつけて判断しましょう。

また、光熱費などのプランを単純に低くしても、使用量に見合っていなければ結局のところ変動費が高くつき、トータルの支出が増えてしまう…という落とし穴も。

まずは、なくても困らないものから減らしていくこと、少しずつ変更していくことを念頭にいれながら固定費を見直してみてください。

固定費を見直して我が家の節約ポイントを見つけよう

チェック 注意
固定費を見直すといっても、思っていた以上に種類が多く、見直しの方法もバラバラなことがわかりましたね。また、家庭によって最適な形はさまざまなので、定期的に話し合いながら検討していくことが必要です。

余分な固定費を節約して、浮いたお金で趣味や日々の生活を楽しんでくださいね。