「クエン酸水」が掃除に便利!という話を聞いたことはありませんか?クエン酸は100均でも購入できる身近なアイテムですが、どう使っていいか意外と知らない人も多いと思います。

そこで今回は、クエン酸水を使った掃除法をご紹介します。落ちなくて困っていた汚れがスッキリ落ちてピカピカになりますよ。

クエン酸水はどんな掃除に使える?

疑問 ギモン はてな ?


そもそもクエン酸は、レモンなどのかんきつ類に含まれるすっぱい成分のこと。

名前からもわかる通り「酸性の性質」を持っていて、反対のアルカリ性の性質を持つ汚れと結びついて反応し、分解してくれます。そのアルカリ性の汚れの代表といえば「水回りにできるくすみ汚れ」と「トイレにできる臭い汚れ」

クエン酸には雑菌の繁殖を抑える静菌作用もあるので、これらの汚れ落とすのと消毒をかねた拭き掃除に向いています。

掃除に使うクエン酸水の作り方は?

クエン酸水


クエン酸を掃除に使うときは水に溶いてから使うのが一般的。これを「クエン酸水」といい、水200mlにクエン酸小さじ1杯を混ぜたモノを使っていきます。

必ずしもきっちりこの分量にする必要はなく、汚れに合わせて量を増やしたり減らしたりして自由に使いましょう。

スプレーボトルなどに入れて常備すると、使い勝手が良く、いつでも掃除に使えますよ。

クエン酸水を使った掃除方法!

クエン酸水の使い方は、いろいろな方法があります。代表的なところをご紹介するので、試してみてくださいね。

水回りのくすみ汚れ

キッチン 整理 シンク


キッチンや洗面台など、水を使う場所にできる白くくすんだ汚れを水垢と言います。水垢は水道水が蒸発を繰り返しミネラル分が蓄積されたアルカリ性の汚れです。

この汚れは、クエン酸水を付けて2時間ほど待って流すだけでピカピカに戻ります。

壁など垂直な面についた水垢はキッチンペーパーで貼り付けるなどの工夫をするとうまくいきますよ。

トイレの臭いの解消法

トイレ ブラシ 


トイレのツンとした臭いは「尿の飛び散り」が原因です。尿が壁や床に飛んだまま放置されるとだんだんイヤな臭いを発するようになります。

この汚れはクエン酸水を含ませたトイレットクリーナーなどで拭き取ればキレイになります。

壁や床、便器の外側など、尿がついている場所を隅々まで拭き掃除すると気持ちのよいトイレに戻りますよ。

クエン酸水を使った掃除の注意点は?

注意点 チェック


クエン酸水は化学洗剤と比べると作用がおだやかです。単独で使う分には害になることはほとんどありませんが、「酸性」という性質にはちょっとした注意点もあります。

塩素系漂白剤と併用しない

カビ退治などに使う塩素系漂白剤は、酸性のクエン酸と反応して有毒なガスを出してしまうので、カビの掃除と並行して行うことは絶対にやめましょう。

大理石やコンクリートには使わない

大理石やコンクリートは、クエン酸水と反応して劣化の原因になることがあります。とはいえすぐに劣化してしまうわけではないので、使うときにはできるだけ早めに拭きとるなど注意しましょう。

覚えておきたい

エコなわざあり

クエン酸水の掃除は「お酢」でも代用できるって本当?

酢

クエン酸水の掃除は、クエン酸が酸性であることを利用して汚れを分解していきます。

そのため身近な酸性のアイテムである「お酢」でも代用できるといわれています。

ただ、たしかにお酢を使って水垢や尿の汚れを分解できますが、お酢はそれ自体にかなり強い臭いがあります。キレイに拭き取っても臭いが残ってしまうことも多いので、お酢を使っての掃除はあまりおすすめできません。

クエン酸がなくてどうしても代用したいときは、レモン汁を使いましょう。キレイに拭き取れば臭いも残らず、スッキリ汚れが落とせますよ。

クエン酸水を活用した掃除で、水回りがいつも清潔に

キッチン  シンク 水回り


「クエン酸水で掃除」と聞くとなんとなく掃除にこだわりのある上級者向けの掃除方法なのかな、とイメージしがちなもの。

クエン酸は数少ない「酸性」の性質をもった洗剤です。こすっても落ちない水垢汚れやトイレの臭いを解消するのに欠かせないアイテムなんです。

使い方がわかっていれば水回りを清潔に保つのがぐっと楽になります。汚れを見つけても掃除するのが楽しくなりますよ。